2015年05月02日 10:13

「今日、ドイツの電車に乗り込もうとしたら…ブロックの壁でふさがっていた」←「そんなバカな…ホントだ!?」

 

ドイツの電車でいたずら00
大人になってもイタズラにエネルギーを使う人がいますが、ドイツの鉄道で不届き者によるイタズラがあったようです。

電車のドアの入り口が、ブロックの壁でふさがれていたと言うのですが……。

どんな状況なのか写真をご覧ください。

ドイツの電車でいたずら01
ドアが横に開くと……うわっ、壁!


ドイツの電車でいたずら02
ブロックが完全に隙間なく埋められています。いったい誰が何の目的でこんなことをしたのでしょうか。

損害額は1万ユーロ(約135万円)と見積もられています。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●いったいそんな量のブロックを駅までどうやって運び、壁にしようと思ったんだ。その点に関しては感心する。そんな行動は急に思いついてもできないだろう。

↑しかもきちんと計測して、ブロックを前もってカットもしている。ドイツは破壊行為まで、きっちりしてるのか。

↑これは軽量気泡コンクリートで、普通のブロックとは少し違う。結構簡単に普通のノコで切れるよ。ちょっとした接着剤があれば可能でなので、10分くらいで作れるかも。
ドイツの電車でいたずら03

●ほら、たまに友達と真夜中にこっそり電車に忍び込み、ドアをブロックで埋めたくなるクレイジーな瞬間があるだろう? やっぱりないな。

●ずいぶんとハンマー代が高くついたな。

↑ドイツは過去にも壁の問題があった。

●高3のときに、校舎の外にある鍵穴にガムを詰めたやつがいた。学校側は1万ドル(約120万円)の損害を受けたらしい。

●酔っ払いが中から出られないってことはない?

●中からの写真
ドイツの電車でいたずら04

●誰かが地下鉄のドアを移動させたのを思いだした。オリジナルのドアを赤のペンキを塗って壁のようにし、窓にドアが描かれた。それもドイツだった。

●「ほかのドアをお使いください」で解決。
ドイツの電車でいたずら05


きれいにドアのサイズに採寸されてるあたりが、几帳面なドイツ人らしいとの声が上がっていました。

Someone literally brick-walled a train door in Germany. Damages could be tens of thousands of euros, according to the federal police

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。