文化・知識 / zeronpa / URL
2015年05月03日 10:53

海外サイトが選ぶ「いつ読んでも怖い本30冊」…日本のあの作家も

 

怖い本30冊
読書の醍醐味は、本の中にいかに引き込まれていくかにかかっています。

いろんなジャンルがありますが、海外サイトが選出する「とにかくいつ読んでも怖いホラー本30冊」を紹介します。

1.「IT/イット」 スティーブン・キング“ Stephen King”

2.「ピアッシング」 村上龍

3.「エクソシスト」 ウィリアム・ピーター・ブラッティ“William Peter Blatty”

4.「ゴースト・ストーリー」 ピーター・ストラウブ“Peter Straub”

5.「アメリカン・サイコ」 ブレット・イーストン・エリス“Bret Easton Ellis”

6.「ヘルハウス」 リチャード・マシスン“Richard Matheson”

7.「ドラキュラ」 ブラム・ストーカー“Bram Stoker”

8.「侍女の物語」 マーガレット・アトウッド“Margaret Atwood”

9.「ザ・ベスト・オブ・H.P.ラブクラフト」 ハワード・フィリップ・ラブクラフト“H.P. Lovecraft”

10.「ねじの回転」 ヘンリー・ジェイムズ“Henry James”

11.「紙葉の家」 マーク・Z・ダニエレブスキー“Mark Z. Danielewski”

12.「たたり」“The Haunting of Hill House” シャーリー・ジャクスン“Shirley Jackson”

13.「羊たちの沈黙」 トマス・ハリス“Thomas Harris”

14.「ローズマリーの赤ちゃん」 アイラ・レヴィン“Ira Levin”

15.「悪魔の棲む家」“The Amityville Horror” ジェイ・アンソン“Jay Anson”

16.「審判」“The Trial” フランツ・カフカ“Franz Kafka”

17.「血の本」 クライブ・バーカー“Clive Barker”

18.「ブラッド・メリディアン」“Blood Meridian” コ―マック・マッカーシー“Cormac McCarthy”

19.「ハートシェイプト・ボックス」“Heart-Shaped Box” ジョー・ヒル“Joe Hill”

20.「殺戮のチェスゲーム」“Carrion Comfort” ダン・シモンズ“Dan Simmons”

21.「ポオ小説全集」“The Complete Tales and Poems” エドガー・アラン・ポー“Edgar Allan Poe”

22.「ドーン」“Dawn” オクティヴィア・E・バトラー“Octavia Butler”

23.「少年は残酷な弓を射る」“We Need to Talk About Kevin” ライオネル・シュリバー“Lionel Shriver”

24.「隣の家の少女」“The Girl Next Door” ジャック・ケッチャム“Jack Ketchum”

25.「ペインティッド・バード」“The Painted Bird” ジャージ・コジンスキー“Jerzy Kosinski”

26.「蜂工場」“The Wasp Factory” イアン・バンクス“Iain Banks”

27.「ザ・サイファー」“The Cipher”  キャス・コジャ“Kathe Koja”

28.「蠅の王」“Lord of the Flies” ウィリアム・ゴールディング“William Golding”

29.「ルインズ 廃墟の奥へ」“The Ruins” スコット・スミス“Scott Smith”

30.「好古家の怪談集」“Ghost Stories of an Antiquary” モンダkギュウ・ロウズ・ジェイムス“M.R. James”


まだ夏には早いですが、スリルを味わたい人にはオススメな、怖さ満点の作品だそうです。

The 50 Scariest Books of All Time ? Flavorwire

ピアッシング (幻冬舎文庫)
村上 龍
幻冬舎
売り上げランキング: 454,113

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。