2015年05月06日 10:00

「ユダヤ人の祖母が、引っ越し祝いに贈ってくれた絵が気になって…」突っ込みどころが満載だと話題に

 

ユダヤ人の祖母が、私の引っ越し祝いに贈ってくれたもの00
ユダヤ教における聖書は、キリスト教が旧約聖書と呼ぶもので、冒頭の「アダムとイヴ」「ノアの方舟」「バベルの塔」など創世記のエピソードはよく知られているところです。

さて、ある外国人が引っ越しのお祝いとして、ユダヤ教徒の祖母から「1枚の絵」をプレゼントされたそうです。

宗教的な絵画なので、きっとお堅いものなのかと思いきや……

ユダヤ人の祖母が、私の引っ越し祝いに贈ってくれたもの01
こちらがユダヤ教徒のおばあちゃんから贈られた絵画。

ん……水泳大会?

しかもプールの水を割っている!?

ユダヤ人の祖母が、私の引っ越し祝いに贈ってくれたもの02
この人は……、そう、モーゼ!

エジプトからの逃避行で、海を割る奇跡を起こしたその人ですが……。

ユダヤ人の祖母が、私の引っ越し祝いに贈ってくれたもの03
やけにスケールが小さいというか、競泳でズルをするという、なんともせこい奇跡を起こしているのでした。

大きな画像 - imgur

これを敬虔な信者であるおばあちゃんからもらったら、そのギャップに苦笑してしまいそうです。

海外掲示板の反応をご紹介します。

●この絵の一番変なところは、右側のプールサイドにいる小さなユダヤ人たち。

↑きっと子供たちだよ。

●別のレーンで水の上をイエス・キリストが歩いているべき。

↑モーゼの五書は旧約聖書じゃなかったっけ? そうなるとイエス・キリストはまだ存在しない。

↑この絵は歴史的に正確なんだな。

●ユダヤ人側から、たくさんの人が手を開いたポーズ。

●祖母がくれたって? 無料で? 何かが間違ってる気がする。

↑無料だからって罪悪感がないってことではない。

●水の移動が行われたにもかかわらず、プールから水があふれていないところが気になる。

●モーゼはずるをしているだろ。

●実はこのポスターを持ってる。自分のラビ(ユダヤ教の指導者)もこのポスターを持っていたよ。他界したユダヤ人の祖父らも全員持っていた。ユダヤ人の友人も全員持っている。それを見るたびに、セーデル・シェル・ペサハを思い出させる。
セーデル・シェル・ペサハ - Wikipedia


どうやらおばあちゃん独自のジョークではなく、比較的ポピュラーな絵画のようです。

日本ではあまり接する機会の少ない宗教ですが、意外とユーモアに富んでいるのかもしれません。

My Jewish mother gave me this as a housewarming gift.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。