2015年05月13日 12:31

「子供に罰を与えたら…なぜか猫も参加していた!」ほほえましいと話題の1枚

 

甥っ子と猫の反省00
欧米には「タイムアウト」と呼ばれる、しつけの方法があります。

子供の態度が悪いときなどに、「反省の時間」を目的としたもので、落ち着くまで静かに一人にさせて放置します。

このタイムアウトの罰を子供に与えたところ……なぜか猫まで一緒に反省していたという写真をご覧ください。

甥っ子と猫の反省01
そろって、反省……。

頭を下げて大反省……。

猫まで加わって真摯に反省してくれたら、すぐに許してあげたくなってしまいますね。

海外掲示板のコメントをご紹介しますね。

●なにしろ猫のすることだからね。「コーナーで付き合って一緒に反省」というよりも、「からかうために、ちょっとそばに寄ってみようか」かもしれない。

↑きっと男の子が何を見ているのか、考えているんだよ。

↑あるいは男の子と一緒に壁に敬意を払っている最中だ。

↑子供が猫のご褒美の上に立っているとかじゃないのか。

(投稿者)心配する人が多いようだったので説明すると、家には全員がいて、ドアは鍵がかかっている。それに反省の時間は90秒ほどだった。そのあとすぐ母親のひざの上で「どうして反省しなくちゃいけなかったか」を話し合っていたよ。

↑子供に反省させることにうるさく言う人がいるのが不思議だ。

●猫は悪意のある復讐のアイデアを、この少年の耳にささやいているんだ。

●自分が子供のときを思い出すよ。とても頑固だったからね。ちょっとコーナーに座って60秒数えるといことを拒否し、15分座る羽目になっていた。

●「タイムアウト」はアメリカの変わった罰の与え方だな。

↑よその国ではどうしてるの?


育て方や罰の与え方の賛否にまで発展していましたが、子供の立場からすると、猫が参加してくれるなら心強い限りですね。

My nephew was put into time out. The cat decided to join him.

ポーズ集「刀男子」
リブレ出版
売り上げランキング: 5 位

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(9)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。