2015年05月23日 20:21

「かつて日本の通訳者が、アメリカ大統領のジョークをこんな風に訳して笑いが起きた…」海外の反応いろいろ

 

ジミー・カーター00
1977〜1981年にアメリカ大統領を務めたジミー・カーター氏。レーガン元大統領のひとつ前の大統領で、現在は90歳と高齢ながらも健在です。

そんなカーター氏が大統領時代に来日したとき、日本の大学で(日本語に置き換えたら)通じにくいはずのジョークを交えたエピソードを話したのですが、なぜか大学生たちは大笑い。

不思議に思ったカーター元大統領が、その理由を尋ねると……

ジミー・カーター01

通訳者:「大統領がおもしろいお話をされました。どうぞみなさまお笑いください」

確かにジョークはそのままでは通じにくいし、詳しく説明してしまうことによって台無しになりやすいのですが、それにしても………。

そんな理由で笑いが起こっていたなんて知ったら、話したほうとしても赤面してしまいそうです。

このエピソードに対する海外掲示板のコメントをご紹介します。

●皮肉にも、それはおもしろい。

●言語や文化を超えて、ジョークを翻訳するのは難しいと想像するが、これは経験豊富な通訳者が良い判断をした。

↑自分もユーモアは通訳しにくいと思うが、権力のある人々をどう扱うかという点で、日本の文化について語るところも多いと思われる。
もしこれの逆のことが起きたとする。日本の首相がアメリカに来て、ジョークを言い、アメリカ人の通訳者が、今日本の首相がおもしろいお話をしたのでお笑いくださいと言ったとする。そうしたら、きっと鼻で笑う程度くらいの反応しかない。そして人々は通訳者を笑う。

↑でもこれは敬意を払うと言った話じゃなく、失礼にならぬようにという側面が大きい。日本にしばらく住んだことがあるが、かなりの頻度で明らかに面白さを理解していないのに笑ってくれることが多かった。日本の社交性はとにかく衝突を避けて、物事をスムーズに進ませることが全てなんだ。

●うちの父にも似たような話があるよ。父はオーストラリア陸軍とタイ軍の兵士の間の通訳者で、タイ南部にいた。オーストラリアの司令官がジョークが言ったが、それに対して、「今彼はジョークを言ったので、少し笑ってください」と言ったそうだ。

●本当にジョークを翻訳するのは難しいよ。ダジャレなんかだと、しっかりした説明がないと意味が伝わらないし、その説明をした時点でユーモアは台無しになる。

●ジョークの説明ってのはカエルの解剖みたいなもんだ。どうなっているかわかるがジョークとしては死ぬんだ。

●それだけじゃなく、文化によってユーモアのセンスがちがうんだ。皮肉を使う国民とそうでない国民とかね。

↑え? 皮肉が人生にないとかいう人々もいるの?

↑ドイツ人だろ。

●自分が読んだ文化の本にも似たようなことが書いてあった。それも日本人通訳者がビジネスの会議で通訳するところで、
「アメリカ人のビジネスマンが今ジョークを言ってます。ジョークを通訳しきれず、通訳できたとしても理解も困難でしょう。今彼がオチを言うところです、みなさん笑う準備をしてください。3…2…1…今です!」

●うちの妻がそれと逆のことをするので、自分はムカつく。
2人でフィリピンの新聞のコミックを見ているときに、彼女が笑う。それを見た他の人も笑う。そこで僕が「何て書いてある?」というと、「おもしろいこと」と言う。「どんなことが書いてあるのか」ともう一度聞くと、「男性がおもしろいことを言ったのよ」

●欧米人の上司と中国人従業員の間の通訳をしていたが、従業員がたいしたことでもないことで叱られていた。そのとき従業員は100%正しく、上司はひどいことを言っていた。叱責が終わったあと、僕はその従業員に、あれは上司が完全に悪く、みんなそのことはわかっている。だが問題を避けるためには、次からうなずいたり、悲しそうな顔をしたり、わかりましたと言うと、もう二度と起こらないと伝えた。それで解決した。

●自分のジョークも同じ通訳者に翻訳してもらいたい。

●その通訳者だったら、他の内容もそんな感じで通訳してそうな気がするんだが……。
「こんにちは、みんなお元気ですか。私は日本を訪問したことがなかったのですが、とても美しい国だと思います。」
「こんにちは、日本はクールですね」
「我々は共産社会の終結という同じゴールを目指しています。共にロシアや北朝鮮を止めましょう」
「共産主義なんてクソくらえ、ロシアと北朝鮮もだ」
「……そして仲間のみなさん、そんな風に共産主義を止めていくのです」
「我々なら出来ます。彼に今拍手をしてください。」

●日本に住んで8年になる。日本の映画館に行ったことのある外国人はみんな言うが、ジョークに独りで笑うことになると。90%は翻訳されておらず、ほとんどみんな笑ってない。

●今、私はおもしろいことを書きましたので、私にいいねを入れてください。


言葉を超えてのユーモアのセンスは、なかなか伝わりにくいようです。

通訳者も大変ですね。

TIL a Japanese interpreter once translated a joke that Jimmy Carter delivered during a lecture as: “President Carter told a funny story. Everyone must laugh.”

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(7)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。