2015年05月30日 13:59

「うまく泳げない金魚に、車イスに相当するものを作ってみた」感心されていたアイデア

 

金魚の車イス00
犬や亀などの足が不自由ときは、車輪を取り付けて、人間でいう車イスのような役割を果たすことが可能です。

では、体が不自由な金魚の場合は、どんな補助をすればいいのでしょうか。

正しい向きで泳げるように、金魚の車イスに相当するものを作ったという人がいましたので、ご紹介します。

金魚の車イス01
まるで包帯を巻いたような金魚。

そしてその上にはコルクのようなもの。

これは逆さまに浮かんでしまう金魚のために、装着しているのだそうです。

なるほど、こうすることで浮き過ぎず、沈み過ぎず、まっすぐ泳げるようになるのですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●われわれ人間も、必要な時には自分たちがまっすぐいられるように祈るよ。

↑そうしてくれる人を、親と呼ぶ。

●こういうときはグリーンピースを与えるといいよ。うちの金魚がさかさまになって浮いたり沈んだりしていたんだ。母親がその方法を見つけるまで1年も続けていたが、とてもうまくいった。

↑どうしてグリーンピース?

↑お通じ薬になるんだ。膀胱の張りがおさまる。

↑その通り。自分はペット店で働いている。

●グリーンピースをゆでて与えるだけだが、中身だけをエサにするんだ。しかし中国でグリーンピースを見つけるのは最初の難関だ。

●これはおもしろいね。おならで魚の体が浮いてしまうことが。

●グリーンピースで解決だよ。20年飼っていたからね。


金魚に詳しい人が、グリーンピースがよいとのアドバイスをしていました。

便秘でガスがたまると、逆さになってしまことがあるようです。

Goldfish "wheelchair" for a fish that had trouble staying upright

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。