2015年06月16日 08:00

「歩いているときは座っているときより創造性が60%伸びる」…スタンフォード大学の研究結果

 

歩くことが創造力(クリエイティビティ)を向上させる
スタンフォード大学の研究により、歩くことが創造力(クリエイティビティ)を向上させることが実証されています。

歩行中は、座っているときよりも平均して60%も創造性を高めるそうです。

Stanford study finds walking improves creativity

176人の大学生による実験では、歩くことが重要であって、それが屋外でも何もない部屋のルームランナーでも結果は同じだったとのこと。

いずれも座っているときと比べて、ほぼ2倍のアウトプットがあったそうです。

アップルの創設者スティーブ・ジョブス氏は、歩きながら会議をすることで知られていましたが、知ってか知らずか、彼の創造性もウォーキングによって高められていたことになります。

この研究に対する、海外掲示板の意見をご紹介します。

●中年男性として言うが、毎日40分のスロー・ジョギングを週5回することで、集中力をとても高めることができたよ。莫大にね。

●車いすのオレはどうしたらいいんだ。

↑動くことが血流を促す。もし車いすを動かせば、やはり血流が増える。

↑自分にとってジョギングは特効薬のようだ。性欲は100倍に増え、ストレスは減り、無意識に食生活もよくなった。血圧も良い、そして関節炎もましになった。

↑典型的なIT人間で、ランチをデスクで食べるような人間だが、1日中座っている事実を考慮して、ランチのあと15〜20分ほど外に出て歩くようにしている。すると頭は少しすっきりするよ。

●自分はADHD(注意欠陥・多動性障害)で、座ってると集中できないタイプなんだ。動き回ると嘘のようにうまくいく。他人が見ると神経質に動いているように見えるが、自分は落ち着いた脳を楽しんでいる。社会がどういう考え方の時も、すべて座るように命令しなければいいと思うよ。
(参照:「ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供は、学習するときに体を動かす必要がある」新たな研究結果…海外の反応

●うちの教授は机の高さをあげて、下にルームランナーを置いていた。

●全ての思考にあてはまるわけではなく、創造力に関して効果が出たという研究だ。

●(散歩のお共である)犬は最高のペットだな。

↑猫を飼う人は、もともとクリエイティブなんだよ。

●これを読んだあと、PCを放置して外を歩いてくるのがよさそうだ。


その他、スティーブン・キング氏や、チャールズ・ディケンズ氏なども、歩いてアイデアを出していたそうです。
(参照:「スティーヴン・キングだけど何か質問ある?」海外掲示板にまさかの巨匠が降臨

また、Facebookの創設者である、マーク・ザッカーバーグも会議は立っているそうです。

創造性を上げたいときは、とりあえず歩いてみる価値はありそうです。

(参照:デスクとルームランナーの合体は本当に理想的なのか…実際に試してわかったその効果

TIL that a Stanford study found a high correlation between walking and creative thought output.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。