2015年06月18日 10:50

ピーナッツやナッツ類は「ガン」「痴呆症」「心臓発作」「糖尿病」のリスクを減らすことが判明

 

ピーナッツ
おつまみにピーナッツやナッツ類が好きな人は多いのではないでしょうか。(ピーナッツは厳密にはナッツ類に含まれない)

最近の研究で、ピーナッツやナッツ類が、いくつかの重大な病気のリスクを減らす効果が明らかとなっています。

Nuts and peanuts -- but not peanut butter -- linked to lower mortality rates, study finds

疫学についての学会誌“Journal of Epidemiology”に、「ナッツ類を摂取することで死亡率が大きく低下する」という研究結果が発表されました。しかしながらピーナッツバターでは同じ効果はなかったようです。

男女ともに1日10g以上のナッツ類やピーナッツを食べる人は、全く食べない人より、いくつかの死亡の主要原因になる病気のリスクが低いことがわかりました。

死亡率が最も低かったのは、呼吸器系疾患、神経変性疾患、糖尿病で、さらに、ガン、心臓病などがそれに続きます。

研究はマーストリヒト大学(オランダ)が、1986年から55〜69歳のオランダ人男女12万人を対象に行ったものです。

これまでアメリカやアジアの研究でもナッツ類の摂取と心臓発作との関係が研究されていましたが、今回の新しい研究ではガンや糖尿病などについても発見があったとのことです。

この記事についての海外掲示板のご意見をご紹介します。

●ナッツアレルギーの自分はどうしたら……。

●誰か、1日にナッツ10gを摂取している人と、一般的な健康食の生活をしている人との関係がどうなのかを比べてくれないかな。

↑この結果は、栄養的にピーナッツが健康な食品であることを示唆したもので、ピーナッツが死を永遠に遠ざけてくれるわけではない。
研究ではピーナッツを食べる人は、より引き締まっていて、果物や野菜をよく食べ、栄養補助剤をのみ、アルコール摂取が多い(酒と一緒におつまみとして出る)と出ている。
さらに高血圧や糖尿病のリスクがピーナッツを食べない人よりも低い。
単に小さな量のピーナッツを1日に1回食べるだけというよりは、これらの要素が全て組み合わさって強力な影響となっている。

●でも私にとってピーナッツは、呼吸が90%つらくなる。

●どんな風に調理されたかによって、それは変わるのかな。ゆでた、ローストした、生など。

↑トリビア:カシューナッツは実は生ではない、毒素を抜くため、ゆでて少しローストしてある。
(参照:想像してたのと違う…「カシューナッツ」の収穫前の姿は意外と知られていない

●10gなんてかわいい量では済まない。袋がなくなるまで食べてしまう。

↑15gの消費でもリスクを減らせるという結果は出ていたが、量が多いほうがさらにリスクが少ないというわけではない。

●アレルギーのある人は、死のリスクが増える。


量を食べればいいというわけではないことや、もともとピーナッツを食べる人の食事が食べない人より健康的であることなど、複合的な要因が合わさった結果のようです。

おつまみに迷った時には、積極的に選ぶくらいがいいのかもしれませんね。

Peanuts reduce risk of cancer, dementia, heart attacks and diabetes, according to a new study.

ユウキ食品 ピーナツペースト 200g
ユウキ食品
売り上げランキング: 4,330

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。