2015年07月01日 22:17

「カラメルソース作りで火を消し忘れると…溶岩のようになる」火の元に注意な写真

 

キャラメルを煮詰めて火を消し忘れると00
調理場のガス台で、カラメルソースを作るために火にかけていたところ、そのまま忘れてしまったそうです。

その結果、恐ろしいことになっていたという写真をご覧ください。

カラメルを煮詰めて火を消し忘れると01
まるで火山のマグマ!

すでに火の元からは離した状態のようですが、中心部が溶岩のように燃えたぎっています。

いやはや、火事にならなくてよかった……。

この危険な状況に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●きっと大丈夫。

↑塩さえ振ればね。

↑塩味の溶岩。

↑ついでに火を点けたり消したりしてみよう。

↑塩は砂糖の味を引き立たせるんだ。

●長くカラメルを調理すると、バルログ(トールキンの小説に出てくる怪物)になるんだ。

↑長くカラメルを調理すると、言いしれようのない恐怖を体験する。

↑夜中に起こされたものが何かわかるかい? 砂糖と炎だよ。

●惑星の核を作り上げたんだ。

↑惑星の核と読んだときに、それがグンガン(スターウォーズのキャラクター)のボスの声で聞こえた。それは誰にも起こってほしくない悪夢だった。

↑さぁ、そっと自分の好きな軌道に乗せるんだ。

●僕は君を公共の安全のために通報しようと思う。

(投稿者)すでにそうなった。

●あとは隅に座ってよう。

●もっとひどいことになっていた可能性もある。
カラメルを煮詰めて火を消し忘れると02
カラメルを煮詰めて火を消し忘れると03
カラメルを煮詰めて火を消し忘れると04
カラメルを煮詰めて火を消し忘れると05

↑それこそ恐怖だ。

●なんてこった。火山になったのか。

(投稿者)これはコンロから離して15〜20分経ってからで、それまでは1mほどの炎だった。

●味は?

(投稿者)カラメルが、かなり薄い灰の味になった。

●地獄から這い出てくるモンスターに見えるんだけど。

●カラメルを作る、カラメルを作る、カラメルを作る、そして溶岩を作った。

↑床に流し込んで、そして触れないようにするんだ。

(投稿者)もうその時点でかなり固い。次の瞬間ぼろぼろになっていく。

●今日、自分はブラウンシュガーと水を長時間調理すると、地獄への門を開けることを知った。


発見時には燃え上がっていたそうで、極めて危険な状態だったとのこと。

火の元からは目を離してはいけないことが、よくわかる写真です。

I forgot I was making caramel at work. It's a tad overcooked.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。