2015年07月17日 10:31

「どんな持病も治すと豪語するエンジニアから、ぼったくろうとした医師」…と言うお話

 

エンジニアと医者
かなり長い間失業していたエンジニアが、転職して自分の診療所を開くことに決めました。

売り文句として、
「500ドルであなたの持病を完治させることを保証します。もし完治しなかった場合は、倍の1000ドルをお返しします」

とある医師がその話を聞きつけ、「これは1000ドルをせしめる良いチャンスだ」と思い、診療所へ向かいました。

医師「私は味覚を失っています」
エンジニア「(看護婦に向かって)22番の箱から3滴を患者の口にたらしてやってくれ」
医師「これはガソリンじゃないか!」
エンジニア「おめでとうございます! 味覚が戻りましたね。500ドルのお支払いお願いします」

悔しくなった医師は、2日後にもう一度同じ診療所を訪れました。なんとかお金を取り戻したいと必死です。

医師「私は記憶を失って、思い出せなくなっています」
エンジニア「(看護婦に向かって)22番の箱から3滴を患者の口にたらしてやってくれ」
医師「まて、それはガソリンじゃないか!」
エンジニア「おめでとうございます! 記憶が戻りましたね。500ドルのお支払いお願いします」

医師は腹立たしく診療所をあとにしましたが、どうにか失ったお金を取り戻そうと、また数日後に診療所を訪ねました。

医師「私は視力を失ってしまいました」
エンジニア「さすがにそれを治療する薬はありません。この1000ドルをお受け取りください」と言って500ドルを渡しました。
医師「これは500ドルじゃないか!」
エンジニア「おめでとうございます! 視力が戻りましたね。500ドルのお支払いお願いします」


エンジニアのほうが上手だったようです。

A Doctor tries to make easy money off an engineer

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。