2015年08月02日 14:58

2016年のリオ五輪、水質汚染がひどいため選手たちが病気になる恐れがあることが判明

 

リオ五輪の水質汚染がひどい
来年2016年には、ブラジルのリオ・デジャネイロでオリンピックが開催されますが、競技施設の建設の遅れなど、いくつもの問題点が指摘されています。

新たな調査で浮上した問題として、汚水があまりにひどく、特にボート競技のように水との接触が避けられない競技では、選手が病気になり競技を遂行できない可能性があると不安視されています。

'Rio's filth' spoiling 2016 Summer Olympics - Business Insider

AP通信が水質を分析したところ、オリンピックとパラリンピック会場の下水道は、ウィルスや細菌が危険な水準であることがわかり、すでにリオでトレーニングに入った国際選手の一部が、熱や吐き気や下痢にさいなまれています。

ブラジル政府の公式発表では、オリンピック選手に安全な水を提供することを約束しているものの、政府はウィルスに対する試験を行っていません。

水質汚染はブラジルでは一般的な問題で、ほとんどの下水が処置されておらず、尿などが外気に触れる溝が、そのまま用水路やオリンピックで利用される川へと流れ込んでいるのが現状です。

海洋生物学者であるジョン・グリフィス氏は、「基本的に未処理の生下水であり、トイレやシャワーから流された水が全て混ざってビーチに流れ込んでいる状態であり、アメリカならビーチが閉鎖されるレベル」と述べています。

選手の健康が脅かされていると、海外掲示板では心配する声が上がっていました。

●「いくつかの試験では、南カリフォルニアで有害とされる基準値の170万倍だった」
なんてこった……。南カリフォルニアのビーチはよく閉鎖されているのに。

●ブラジルのように腐敗した国が、オリンピックを開催するのに何を期待するんだ。自国の人でさえ安全な生活環境を与えられていないのに、世界から来る選手に安全で適切な環境をどうやって与えられると思うんだ。

↑でもワールドカップはやっていたよ。

●新しい競技「トイレへ100m走」。

↑200m走だね。最初の100が競技で、次の100がロッカールームまでだ。強いものだけが生き残る。

●カタールの水のほうがずっときれいだと聞いたよ。代わりにそっちで開催するのはどう?

●なぜ同じスタジアムを数回使えないんだ。1回で終わりじゃなくてさ。

↑いろいろな国がホスト国になりたがるからね。

●「14%のオリンピック選手が湖や海で競技をする……」
数字がそんなに大きいとは思わなかった。

●自分はブラジル人でリオ出身ではないけれど、何度もリオへ足を運んだことがある。
汚染されているという言葉では足りないほどだ。ほとんどの都市部は最低限の衛生レベルに達していない。
周囲の水は最悪で、巨大でオープンなゴミ捨て場みたいなもんだ。あんな海に入るならクマと戦うほうがまし。あと、都市部は暴力的で混乱しているので、選手たちも強盗にあったり、襲われたり、刺されたりするだろう。
この国が大好きでリオにはいくつかの美しい観光地もあるが、よい試合を開催する構造になっていない。自分たちは貧困で、景気は低迷しているので、それが向上する希望は少ない。

●ペットボトルの水があるだろう?

↑ペットボトルの水では泳げないぞ。

●自分もブラジル人だけど、この問題は以前からあり、政府も水をきれいにすることは2016年までには無理と言っている。ワールドカップとオリンピックのホスト国になったことが発表されたときから、我々の多くはそれが悪いアイデアであることはわかっている。何十億も費やして評判を悪くするのは残念だ。

●いい加減、世界のスポーツイベントを取り扱えない国でやるのはやめないか?


日本の選手団の体調管理が気がかりですが、競技場所の水質まで汚染されているとなると防ぐのは難しそうです。

来年のオリンピックは胃腸の強い人が優位なのかもしれません。

Rio's waters are so filthy that 2016 Olympians risk becoming violently ill and unable to compete

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。