2015年08月02日 19:19

知っておきたい「料理中にやってはいけないこと」いろいろ

 

料理でやってはいけないこと
料理が得意な人ばかりではなく、一般常識のような知識でも抜けがあったりするものです。

「料理に関してこれはやってはダメな例を教えて」と、海外掲示板に質問があり、さまざまな回答が寄せられていました。

押さえておきたい知識をご紹介します。

●ディナー用に買ったワインを、夕食の準備前に飲み終えてしまうこと。

●野菜に熱を加えすぎること。

●寝入ってはいけない。

●おばあちゃんが常に言ってたことは、調理中はキッチンを離れてはいけないってこと。簡単に時間を忘れるので、料理していたものを焦がしてしまう。

↑8時間かかるローストをじっと見つめているのだな。

●油から発生した火を、水で消そうとしてはいけない。かなり大きなダメダメだ。

↑命を救うダメダメだ。

●消防士をしているけど、よく見る対処の間違いがある。
もしオーブンの中が燃え始めたら、ドアを閉めよう。開けることで酸素を供給したり、タオルや近辺にあるものに燃え移ったりして、キッチン丸ごと台無しになる。
オーブンは異常な高熱に耐えられるようにデザインしてある。ドアを閉めておくことで心配せずとも火は消える。それでも心配なら消防に電話するといいが、火が広がることはない。

●小麦粉や片栗粉に熱い液体を混ぜないこと。ソースやグレイビーを作るときに固まって、ダマができてしまう。いったん冷めた液体で混ぜながら入れて、ねばねばにしてから熱いのを加えて混ぜる。

●熱いガラス皿を、濡れた表面や冷たい表面に置かない。

↑あるいは熱い鍋や皿を、冷たいガラステーブルに置かない。弟は厳しい方法でそのことを学んだ。バリバリに割れる。

●ガラスのキャセロールディッシュのオーブンから出したばかりの超熱々のフタを、冷たい水があるシンクに置くと粉々に割れてしまう。

●落ちるナイフを絶対に受け止めようとしてはいけない。

●今日学んだこと。もし鍋つかみが濡れていたら、オーブンから食べ物を出してはいけない。親指をやけどしてしまった。そして気づいたときには遅く、220度のベーキングトレーと、ガーリックブレッドが飛んでいった。

●肉を洗ってはいけない。

●ニンニク1片とニンニク1玉の違いを知った。

↑ニンニクに入れ過ぎはないだろう。

●チリ(唐辛子)を切ったあと、手を洗わずにいること。

●味見しないで人に料理を出すこと。

●切れない包丁を使うことほど最悪はない。

●生肉と別の食品を、同じまな板で切らない。

●宗教のようにレシピを信じなくてよい。トマトがすっぱかったら砂糖を加えていいし、甘すぎるなら酢を加えていい。同じスパイスでも、収穫時や質により味が異なってくる。臨機応変に。

●ベーキングパウダーとベーキングソーダを間違えてはいけない。

●何でも塩コショウで味はよくなる。それを忘れない。


基本中の基本から、うっかりミスしそうなものまで、調理中の注意事項でした。

料理は味も重要ですが、火を扱うだけに安全についても意識を向けておきましょう。

What is a big NO-NO in cooking?

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
1. 知っておきたい「料理中にやってはいけないこと」いろいろ  [ 他力本願 ]   2015年08月02日 20:09
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。