2015年08月08日 19:30

まるでブラックホール! 病院のMRI装置の磁力がどれほど強力なのか実感できる失敗例いろいろ

 

MIRの失敗00
磁力と電波を使い、体内の断面像を撮影するMRI検査

強力な超伝導電磁石を使用するため金属の持ち込みは厳禁ですが、うっかりミスが起きることもあるようです。

さまざまなものが吸い寄せられた、MRIの失敗例をご覧ください。

1.
MIRの失敗03
上下逆さに引きよせれられた機器。


2.
MIRの失敗04
下に吸い付いたパターン。


3.
MIRの失敗05
吹っ飛んで行ったチェア。


4.
MIRの失敗06
背もたれ付きのチェア。


5.
MIRの失敗07
カート。


6.
MIRの失敗08
中身の入ったカート。


7.
MIRの失敗09
折りたたんだ車イス。


8.
MIRの失敗10
変形している車イス。


9.
MIRの失敗11
ほとんど飲み込まれたもの。


10.
MIRの失敗12
完全に飲みこまれたもの。


11.
MIRの失敗13
奥に入り込んでしまったもの。


12.
MIRの失敗14
重そうなボンベもこの通り。


13.
MIRの失敗02
コントローラー付きの医療機器。衝撃で破損しています。


14.
MIRの失敗15
点滴セット。


15.
MIRの失敗01
キャスター付きのボックスごと持っていかれた!


16.
MIRの失敗16
極めつけは診療ベッド。


17.
MIRの失敗17
金属ベルトなどをしていると、人間ごと持って行かれます。


以上17点。

こうした失敗例を見るまでは、MRI検査の磁力がどれほど強力なのか、なかなか実感できないものですね。

MRIによる他のトラブルは、以下もどうぞ。
「ウソ、こんなことになるの?」病院でMRIを壊してしまったという写真に仰天する人が続出

Apparently Someone Forgot The MRI Machine Is A Giant Magnet

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(7)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。