2015年08月18日 10:51

「世界で最も大きな大使館は?」→イラクの首都バグダッドにあるアメリカ大使館、バチカン市国とほぼ同じ広さ

 

世界で最も大きな大使館00
国交がある国には大使館が設置されますが、外国でパスポートやビザを発給したり、自国民の保護するなど、セキュリティが厳重なのも特徴ではあります。

では、世界では一番大きな大使館は、いったいどこにあるのでしょうか。

世界で最も大きな大使館01
それはイラクの首都バグダッドにあるアメリカ大使館です。

世界で最も大きな大使館02
建物も最大ですが、その敷地の広さも最大で、なんと104エーカー(約42万平方m)。

エーカーではぴんと来ない人が多いかと思われますが、バチカン市国とほぼ同じ大きさなのだそうです。

世界で最も大きいだけでなく、最も建設費用の高い大使館としても知られ、7億5000万ドル(約930億円)かけて建てられました。建物内には1万5000人が働いています。

大使館のイメージを覆すこのイラクのアメリカ大使館に、海外掲示板にはいろいろコメントが出ていました。

●検索してみたらカナダのアメリカ大使館もすごかった。
世界で最も大きな大使館03

●自分はオタワ(カナダの首都)のアメリカ大使館の近くで育ったのだけど、まるで要塞のようだったよ。単独で爆発や侵入に対処できるほどだから、カナダの法執行機関を信頼してないにちがいない。

↑それがほとんどの大使館の状態だよ。ワシントンDCのコネチカット・アベニューに行ったら、ものものしい囲いのある建物ばかりで奇妙だよ。アルゼンチンのとかね。そんなフェンスは高くなくていいだろう、みたいにね。

↑フランスとイギリスのは進歩した研究室のようだ。ベネズエラのはタウンハウスのトップフロアのようだ。

↑韓国にあるオーストリアの大使館は、オーストラリアの大使館から2階離れているだけだ。かなり混乱をまねくと思う。

↑まず読み直さないといけなかった。

●セキュリティはどこに大使館があるかを反映していると思う。ニュージーランドのウェリントンだが、アメリカとシンガポールだけが外部のセキュリティをつけている。

↑なぜシンガポールなんだ。

↑日本のはアパートの一室だぞ。

●オタワにある大使館は、アメリカ、イギリス、中国、ロシア、湾岸諸国以外は、普通の家にほとんどセキュリティはないレベルだ。(セキュリティカメラは多くついている)

●イギリスにある北朝鮮の大使館。
世界で最も大きな大使館04

●大使館を海外に建てる建築会社に働いていたが、西アフリカの現場で働いたことがある。
イラクの仕事をしていた業者がいたが、頻繁にモルタルが攻撃されて、そのたびに工事が遅れたと言っていた。昨今の建て方はとことん要塞化された城で、トップシークレットを扱うだけにかなり厳しい働きを強いられる。

●アメリカはイランの事件のあと学んだんだよ。
イランアメリカ大使館人質事件 - Wikipedia


アメリカはテロの標的にされやすいのもあって、セキュリティの力の入れようも突出しているとのことです。

日本の大使館は比較的質素なようですね。

TIL the largest embassy in the world is the U.S embassy in Iraq.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。