2015年08月23日 14:00

パイロットが悪天候で「着陸やーめた!」となったときの航路図

 

パイロットが台風で着陸やーめた00
飛行機の離着陸は天候に左右されますが、天気の予測は難しいため、長時間フライトした着陸先で台風やハリケーンが待ち受けていることもあります。

ハリケーンとぶつかったときに、シカゴからワシントンD.C.に急変更した飛行機の航路をご覧ください。

パイロットが台風で着陸やーめた01
まっすぐ入ってきたものの……
「おっと、これはいけない!」
くるんっ!

そして全然違う方向に飛び去って行く飛行機。

こんな感じでしょうか。

こんなわかりやすい旋回のしかたもないと、海外掲示板で人気を呼んでいました。

●それはなかなか賢い「やーめた!」だな。自分の乗る飛行機は常にこのパイロットでいい。こういうときの遅延は受け入れるよ。

↑管制塔のことを忘れないで。おそらく彼らが飛行機に指示を出しているんだ。

↑一般的にはパイロットは20〜30マイル右か左かを尋ねる。そうすればそれることができるからね。

●結構頻繁にあるよ。ボードの天気レーダーを読んで嵐がどちらに向かっているかを考えるのはアートで、どうやって避けてどの空港に安全に入らせるかだ。

●全体の写真。
パイロットが台風で着陸やーめた02


●この写真を見て、タイヤがキキィーと鳴る音が脳内で聞こえた。そうなるわけはないんだが。

●これは自分が乗ったシカゴ行きの飛行機。
パイロットが台風で着陸やーめた03

そのまま、やーめたと、セントルイスまで行ったよ。
(詳細はこちら:Southwest (WN) #1045

●それで死んだの?

↑死んでいたら、掲示板は死後も使えるってことだな。だがまだ生きてるよ。ただシカゴに行くのに1時間ではなく3時間かかった。

●どうして最初から右にそれなかったんだろう。

↑パイロットは両方回れるわけじゃないんだ。

●天気は南方からやってきて北東へ進む。基本的に天気が動くスペースをつくるんだ。

●パイロットはNASCAR(楕円形のコースをぐるぐる回るレース)で運転したことがあるな。


時々あることですが、航路図で見ると激しい旋回を強いられていることがわかりますね。

Pilot noped out of storm from Chicago to DC

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。