2015年08月24日 12:47

「トイレから銃を装填する音が聞こえたので」フランス特急列車で旅行中のアメリカ兵らが無差別テロを防ぐ…海外の反応

 

フランスの国際特急列車でテロを防いだアメリカ兵00
8月21日、フランスの国際特急列車(アムステルダム発パリ行き)の車内で、自動小銃などで武装した男が発砲する事件が起こりました。

無差別テロとみられていますが、たまたま同じ車両に旅行中のアメリカ兵らが同乗しており、彼らの活躍によって1人の死者も出すことなく男は取り押さえられました。

トイレから自動小銃の弾丸を装填する音に気づいたことが、惨劇を防ぐことにつながったとのことです。

容疑者の男はモロッコ系の26歳で、自動小銃(AK-47)と多くの弾丸の他に、複数の拳銃やナイフなどを所持しており、無差別テロを目的としていた可能性があるとのことです。(乗客554名)

取り押さえたアメリカ人3名は、米軍の1等空士、オレゴン州兵、大学生で、オレゴン州兵がアフガニスタン駐留から帰国したことを祝って、3人で旅行に来ていたそうです。

トイレからAK-47を装填している音に気付いた彼らは、男が出てくると詰め寄り、その後イギリス人乗客とともに取り押さえました。

その際、銃や刃物による負傷者は出たものの、命に別状はないとのことです。

乗客による映像。

U.S. MARINES Stop French train attack ON AMSTERDAM-PARIS TRAIN(AFTERMATH FOOTAGE) - YouTube

惨劇を最小限の被害に留めた彼らに対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●このストーリーの最も気に入ってるところ:誰も死ななかった。

↑神様:これはまるでキャプテン・アメリカから出てきたような、とても奇妙なヒーロー・ストーリーです。乗客が誰も死んでいないのが素晴らしく、この兵士たちが殺戮と死亡者ゼロの間にいたのが奇妙な感じです。

↑大勢の命が救われてよかった。我々の中にこうしたスキルや察知能力を持つ人がいて嬉しいよ。

↑CNNの見出し。
フランスの国際特急列車でテロを防いだアメリカ兵01
「俳優が負傷する」
(映画「ベティ・ブルー」に出演したフランス人男優、ジャン・ユーグ・アングラート氏も乗り合わせ、警報を作動させるガラスを割った際に軽いケガを負った)

↑自分も同じことを考えた、「その見出しで行くの?」と。

●フランス人として大勢の乗客を救ってくれたことに感謝するよ。本当のヒーローだ。ありがとう。

●電車が停車した町から1kmのところに住んでいるけど、もうヘリコプターやら何やらすごいよ。

●たまたまこの兵士たちが乗ってなかったらと思うと恐ろしい。

↑同じ電車で、席が近かったとか、そんな小さな偶然が大勢の人を救ったことがすごい。

●銃に詳しい人には普通なのかもしれないが、平均的な市民の自分が銃弾を詰める音に気付けることはありえないので、感心するしかない。自分なら風の音や窓のロックの音かなくらいで済ませていたと思う。本当に彼らがそこにいてよかったと思う。

●正しい場所、正しい時間、正しい人々、正しいトレーニングだ。

●席での会話が浮かぶ……
英国人「紅茶でもどうかな?」
兵士1「もちろ…、待て、まるでテロリストがAK-47ライフルの弾丸を装填しているような音がトイレから聞こえる」
英国人「そんなことが、どうやってわかるのかね」
兵士2「さぁ、やるぞ!」

↑良い小説になりそう。

●テロの可能性? この男はAK-47を持ってたんだぞ。 完全なテロ事件だよ。

●テロリストには陸、海、空、そして電車でも旅をする自由があることを知らなかったんだな。

●電車にはフランス、オランダ、ベルギー人が大勢乗っていたのでお礼を言います。ありがとう。

●3人ともメダルをもらっているが、
フランスの国際特急列車でテロを防いだアメリカ兵02
これは「市の鍵」”Key to the City”(フリーパスの意味がある)に相当し、彼らはフランスにもうしばらく滞在することになりそうだ。
現在フランスの反テロ・エージェンシーにインタビューされていて、そのあとパリに向かい、エリーゼ宮殿で大統領に招かれている。多分もっとメダルや賞を受けるだろう。よくやったよ。

↑写真は左から、
アンソニー・サドラー氏(カリフォルニア州立大学サクラメント校の学生)
アレック・スカラトス氏(オレゴンの米国州兵)
クリス・ノーマン氏(フランスに住むイギリス人コンサルタント)
スカラトス氏の友人のスペンサー・ストーン氏は犯人ともみ合って負傷したのでここには写っていない。

●今日、自分はフランスが勇気を称えるメダルを外国人のために用意していることを知った。

●スペンサー氏。
フランスの国際特急列車でテロを防いだアメリカ兵03

●3人もすごいが、スペンサー氏は頭から親指までケガをしていたのに、他の乗客の首を止血するために患部を押さえていたそうだ。現在フランスで賓客の扱いを受けているが、きっと帰るまで数週間滞在することになるだろう。


トイレの銃を装填する音に気づくとは、訓練された軍人のスキルには驚かされるばかりです。

まるで映画のようだと称賛する声ばかりでした。

A group of US Marines foiled a potential terror attack on a French train,2,3

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(20)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。