2015年08月29日 18:10

「ここはインドとブータンの国境…」あまりに違うと驚かれていた写真

 

インドとブータンの国境00
陸続きの国同士では、国境を一歩越えるだけで景色が一変することがあります。

インドブータンの国境が、両国のありかたを象徴していると、海外掲示板で話題になっていました。

写真をご覧ください。

大きな画像
インドとブータンの国境01
左:ブータン 右:インド

わわわ!

貧富や格差の違いというより、インド側はゴミだらけ。

高い塀があるわけでも、監視者がいるわけでもない国境で、こんなに差が生まれるとはと驚かれていました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ブータンは唯一残っている大乗仏教の王国だよ。チベットは中国の一部に、シッキムはインドの一部になって以来ね。
ちなみに国王夫妻。
インドとブータンの国境02

↑何と麗しい夫妻なんだ。

↑アジアのエルビス・プレスリーみたいだな。

↑女王がすてき。

↑Googleマップでブータンを見ると、なかなかきちんとしていて清潔だった。

↑ブータンに行ったことがあるがすばらしいよ。訪れた中で最も美しい場所のひとつとなった。ひとつ行っておくとタバコは違法である。大麻は道路の脇で育っているが、あまり吸われないそうだ。

●この写真はちょっと誤解を招く。これは2006年に、かなり悪い方法で行われていた建設中の現場を撮ったので、2013年6月のストリートビューではこれだ。ゲートもついている。
インドとブータンの国境03

●オランダとベルギーの国境を思い出したよ。
インドとブータンの国境04
インドとブータンの国境05

↑あるいはドミニカ共和国とハイチ。
インドとブータンの国境06

↑なんてこった、どっちの国が木を伐採しているんだ?

↑ハイチだよ。全ての森を木炭のために伐採したんだ。

↑かなり昔だけどね。それで完全に栄養のある土がなくなって、新しく何も生えなくなった。

↑木を切ったことでハリケーンから守れないし、魚も取り過ぎて完全に食糧が尽きつつある。ハリケーンから守れず、海洋をダメにし、サンゴをダメにし、お金になっていたスキューバダイビング産業も失ったんだ。環境を守る規制がないとこうなる。規制はビジネスからもよいことなんだ。

●言いようによっては、インドからは良い眺めである。

●スウェーデンとノルウェー。
インドとブータンの国境07


現在はそこまで汚れてはいないそうですが、それでもブータン側のほうが清潔だそうです。

ハイチの例にあるように、環境を守ることの大切さが伝わってきますね。

This is the border between India and Bhutan. India is on the right.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。