2015年08月30日 14:23

犬「ヘッドレストの使い方なんて聞いてないもん!」←かわいい写真が撮れた

 

犬とヘッドレスト00
「アームレストは腕を置くところ」「ヘッドレストは頭をもたらせるところ」と、誰に言われるまでもなく使い方はわかるものですが、動物に人間の常識など通じません。

「うちの犬がヘッドレストをこんな風に使っていた」と題した写真をご覧ください。

犬とヘッドレスト01
むはっ。

よく見ると、このヘッドレストは穴の開いたタイプで、そこに鼻を通しています。

なるほど、高さも穴の位置も絶妙で、この使い方になるのも無理はありません。

犬の体型からすると、むしろこれが正解に思えてきました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「ヘッドレストに穴……よし、わかったよ!」

●これで頭が休める。

↑「ニンゲンよ。着いたら起こして、ここでちょっと寝る」

●指図が明確でない。頭がヘッドレストに詰まっている。

●指図するとしたら、見栄えをよくすること、おなかを撫でられること。

●うるさいヤツと思うかもしれないが、みんな犬を車に乗せてドライブするときは、しっかり固定してやってくれ。急ブレーキで犬もケガをするからね。

↑どうやって犬を固定するんだ。シートベルトも合わない。

●それは突き出た鼻レスト。

●リクライニングすると完璧なマッサージチェアとなる。

●うちの犬もこれをするが、ただ人の足にする。なぜかわからないが安心感なのかな。

●犬が隣の助手席で、パートナーが後部座席という関係を想像している。

(投稿者)いや、車の後ろを追いかけて走ってるよ。

●ヘッドレストと呼ぶのは自由だが、これは鼻ケースだ。


人間には思いもつかない、かわいい使い方ではありました。

あとは安全運転を祈るだけですね。

The headrest didn't come with instructions

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。