2015年09月02日 08:30

「なんて賢そうな足あとなんだ!」…と人気を呼んでいたシューズのデザイン

 

こんな靴の裏00
靴のオシャレにもいろいろありますが、普段なかなか気づかないのが靴の裏。

ある靴の裏が「頭が良さそうな足あとが付きそうだ」と注目されていました。

どんなデザインかというと……。

こんな靴の裏01
なんと数学の公式!

純粋に靴底のデザインとしてもユニークですが、これで歩くと面白い足あとが付きそうです。

いくつか尻切れトンボのようになっている公式もありますが、海外掲示板ではいろいろな回答が出ていました。

●何をやってもいいが、この靴を履いて犯罪を起こすべきじゃないな。

↑2つ大きなサイズのを履くんだよ。そうすりゃ警察が大足の男が犯人だと思うだろう。そこで数学の靴を持っているかと聞かれ、そうだと答えるがサイズ10なんだ、12じゃないと言えば大丈夫。

↑それが理由でヒヅメでも付けるべきなんだ。そうすれば警察は馬を探し始める。

●雪の日に、すぐ後ろの人が「なんで地面に数学がいっぱいあるんだ?」と混乱するのを想像してみよう。

↑しかも鏡文字の数学だ。

●キーボードの靴の裏もあったよ。
こんな靴の裏02

●なんてこった。ほとんど間違っているじゃないか。

●x3 + y3 = (x+y) (x2 - xy + y2)

●それに、x2 - y2 ≠ (x+y)

●それは、(0,0) と (1,-1)

●間違ってるのも多い。

●(x-y)
とあるが、(x-y)の=は何なのか、 靴が教えてくれない!

●グラフにしておいたよ。
こんな靴の裏03

●靴のスペースが足りないために、失敗しているんだ。多分こうしたかったんだな。
(x-y)2 = x2 - 2xy + y2
x2 - y2 = (x+y)(x-y)
x3 - y3 = (x-y) (x2 + xy + y2)
x3 + y3 = (x+y) (x2 - xy + y2)


とりあえずカンニングには使えないようです。

どんな足あとが付くのでしょうね。

This shoe sole has math equations written below it

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。