男女 面白ネタ / zeronpa / URL
2015年09月06日 19:30

「独身最後のパーティに行ったら、誰ひとり来てないんだけど…」→さみしい記念撮影が始まる

 

「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」01
欧米にはバッチェラー・パーティと呼ばれる、新郎が男友達と独身最後に行う集まりがあります。(新婦版はバチェロレッテ・パーティー)

あるグループが、この重要などんちゃん騒ぎをシカゴで計画したのですが、ひとりを除いて全員の飛行機がキャンセルされてしまい、到着したのはたった1名だけでした。

しかたがないので、彼はこのひとりぼっちの時間を、インターネット上に紹介していくことにしたのです。

1.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」02
「ボートに乗ったら、みんなの分の席がすごく余ってるんだ」


2.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」03
「みんなが来ないから、好きな馬を選べたよ」


3.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」04
「シカゴは美しい人々ばかりの、美しい都市だと聞いた」


4.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」05
「こちらはミシェル。彼女は僕の友達でいっぱいのはずだったボートに家族で乗ってきた。
僕の置かれた状況を本当に気の毒に思ってくれて、子供たちに『あっちに座って、かわいそうな人をそっとしておいてあげなさい』と言い、僕に赤ワインのミニボトルをくれた。ありがとうミシェル」


5.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」07
「ここでも僕ひとり」(アイスホッケーのスタジアム)


6.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」08
「こちらはオードリーとニコレット。
勧誘されたマスターカードの申請はしなかったけど、それでも僕をかわいそうに思って、シカゴ・ベアーズのスケジュール・マグネットをくれ、ニコレットは『このマグネットはきっとミニ冷蔵庫にぴったりよ』と言ってくれた。ありがとう、オードリーとニコレット」


7.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」10
「これはレイ。水上タクシーのキャプテンだった。
僕の話を聞いてから、彼は安全のためにライフジャケットを着るように言った。彼は『バチェラー・パーティの夢を潰さないために君は生き続けなければいけない』と言った。ありがとう、レイ。ちなみに写真は偶然にブルーになっただけで、僕の気持ちを表したわけではない」


8.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」11
「こちらはテレサ。ポーティロというビーフサンドイッチがおいしいと噂の店で働いている。
テレサによると、このサンドイッチは複数人用らしいが、『多分あなたなら悲しみで十分ひとりで食べられるでしょう』と言った。ありがとう、テレサ」


9.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」12
「友だちが来ないストレスを洗い流すため、1人でスパ」


10.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」13
「ホテルのコンシェルジェや新しいネットの知人が、『ミレニアム・パークは写真撮影には最適』だと教えてくれた。シカゴのスカイラインを背景に大勢で写真を撮るのに最高らしい。アレックス、ありがとう」


11.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」14
【ひとりぼっちのシカゴ基金】に5ドルの寄付。
「ウィル・ハイネマン氏が僕の『ぼっち時間』を支援してくれた。全てのお金は新しい(もっと良い)友人を手に入れるのに活用するよ」


12.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」15
「あまりに楽しい時間を過ごしているので、次の旅行先を考えているところ」


13.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」16
【すばらしい思い出はここから始まる】


14.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」17
「こちらはチャッド。彼はこのジョン・ハンコック・タワーの360度体験場のチケット販売員。
彼によると、『都市部のパノラマ景色はもう忘れられないほどすばらしい』とのこと。霧のある日を除いて……、今朝のように……。ありがとう、チャッド」


15.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」18
「チャッドは正しかった」


16.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」19
「霧があるからと言って、シカゴのスカイラインの良い写真が撮れないってことはない。ありがとうグリーンスクリーン(合成用)」


17.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」21
「こちらはアリアナ。彼女は『もうすぐバスが来るわ、待ってるといいわ』と言った。前にもそんなセリフを聞いたことがある。ありがとう、アリアナ」


18.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」22
「こちらはジョジョ。ウェイターだが、僕の話を聞いたあとで、ドリンクにライムを余分に入れたことを叱ってきた。余分のお友達だったらよかったんだけどね」


19.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」25
「タクシードライバーのジェイムスによると、シカゴには世界で最も美しい公園のいくつかがあるらしい。
『日光浴したり新しい出会いに良い場所なんだ。タイミングが正しけりゃ、フリスビーもできるよ』と教えてくれたジェイムス、ありがとう」


20.
「独身最後のパーティに友達が誰も来なかった…」26
「こちらはスティーブ。彼はWBBMシカゴのレポーターで、僕の話をラジオで流したいんだそうだ。彼の最初の質問は「これはリアルなのか、それとも何かのプロモーション?」
孤独をプロモーションすることはないので、「違う」と答えたよ。ありがとう、スティーブ」


わいわい騒ぐパーティのはずが、ひとりぼっちの観光となったものの、シュールなドキュメンタリーが世界中の人々に大ウケでした。

これはこれで楽しいイベントですね。

Guy documents his unintended alone time in Chicago on Instagram- and the results are hilarious.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(15)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。