食品 PR / coush / URL
2015年10月05日 22:07

試して驚く革新的なうまさ!「カップ麺の歴史を変えてみせる」強い信念で完成したマルちゃん正麺 カップが発売開始

 


カップ麺の新たな歴史が始まる…!

停滞するインスタント麺業界に、『マルちゃんショック』と言わしめるほどの大革命を起こしたマルちゃん正麺から、待望のカップ麺『 マルちゃん正麺 カップ 』が誕生、本日から全国で販売が始まりました。

このマルちゃん正麺 カップ、カップ麺とは思えないほど美味しいことは先日お伝えしたのですが、なぜカップ麺でこれほどの味が出せたのか、先日新製品発表会が開催され、その苦労と製法の詳細が明らかになりました。

98.6%の正麺ファンが熱望したカップ麺…しかし袋麺の『生麺うまいまま製法』はカップ麺では通用しなかった


袋麺のマルちゃん正麺の大ヒットを経て、正麺ファンの実に98.6%からカップ麺化の要望があったものの、話はそう簡単ではなかった…と話すのは、東洋水産の中山清志加工食品事業本部執行役員本部長。


大ヒットした袋麺のマルちゃん正麺の食感を実現したのは、製造工程で蒸さずに乾燥させ、家でゆでる時に初めて加熱する、特許製法『生麺うまいまま製法』によるもの。

素人目には、「それをそのまま容器に入れてしまえばカップ麺になるのでは?」と思ってしまいますが、そこには大きな壁がありました。


カップ麺は袋麺と違い「ゆでる」のではなく「お湯を注ぐ」ため、麺がアルファ化するのに必要な熱量が足りず、カップ麺では適用できなかったのだそう。

しかし「カップ麺の歴史を変えて見せる」という強い信念のもと、実に4年間にも及ぶ研究開発を経て、とうとう新製法『生麺ゆでてうまいまま製法』を完成させました。

4年間もの研究を重ねようやく完成した、カップ麺専用の特許製法『生麺ゆでてうまいまま製法』とは


この『生麺ゆでてうまいまま製法』の大きな特徴は、製造時に「ゆでる」方法を採用したこと。

カップ麺の製造工程では、麺を加熱するのに「蒸す」のが一般的なのですが、その製法ではマルちゃん正麺らしい革新的な美味しさに至らなかったそう。

そこでカップ麺としては異例ながら、麺のおいしさを最大限に引き出す「ゆでる」方法を採用したそうです。


しかしゆでてしまうと、蒸すのに比べて麺がより多くの水分を含んでしまうため、従来の乾燥工程では通常以上に時間がかかり、麺が縮んでしまう問題が発生。これを解決するために、より高度な乾燥工程を開発。

さらにお湯を注ぐだけで元のゆでたての麺に戻るよう、マイクロサイズの微粒子を配合することで、多孔質化を実現しました。

こうして全く新しい製造工程を確立し、今までのカップ麺の常識を覆す、生麺のような滑らかさと弾力があるコシ、そして重量感のある、全く新しいカップ麺が誕生しました。

スープは全て自家製だし、具も妥協なし…ラーメン店にも負けないこだわりの味


しかしカップ麺は、袋麺と違って1杯で完結するため、麺だけでなく、スープ、具のバランスがとても重要。そのため、スープや具にもかなり力を入れたそうです。


今回発売される3つの味の、スープや具材の特徴がこちら。

驚いたことに、ガラや香味野菜をじっくりと炊き出して味わいのあるコク深いスープは、 全て自家製。

工業製品的に見られがちなカップ麺ですが、その製造工程は、こだわりのラーメン屋がやっていることとほとんど違いがないようです。


そして具材も、麺やスープに負けないこだわりよう。チャーシューは噛んだときにうまみをたっぷりと感じられる新しいチャーシューを開発し、味噌はフリーズドライにした大切りの野菜が、そして豚骨にはたっぷりのネギが使われているそう。


このこだわりにこだわったマルちゃん正麺 カップの希望小売価格は205円。濃厚とろ豚骨の販売は関西から西側となるそうです。

こだわりのマルちゃん正麺 カップを食べてみると…これがカップ麺かと本気で驚くほどウマい!


さてこれだけのこだわりを聞いては、食べずにはいられない!

と言うわけで、改めてマルちゃん正麺 カップ『芳醇こく醤油』を食べてみました。


まずふたを開けて驚くのが、この鮮烈で芳醇な醤油の香り…!

こだわりの自家製だしと液体スープで実現したこの香り、そこらのラーメン店にも全然負けていません。


そして、やっぱり麺がすごい!

カップ麺なのにしっかりとした太さで、プリッ、モチッとした弾力はまるで生麺。食べているうちに、カップ麺であることを忘れてしまいます。


こだわりのチャーシューも、…ああ、やっぱりうまい。

カップ麺としては大ぶりで、噛むと肉のしっかりとした食感、そしてあふれ出る肉のうまみ。まごうことなきチャーシューそのもの。

またスープの味わいがとても奥深く、今までのカップ麺とはまるで別物。鶏ガラ、豚ガラから丁寧に取った濃厚なダシは、いつまでも飲んでいたくなるほど。

先日のレビュー でも一度食べましたが、いろいろなこだわりを知って改めて食べてみると、その味や食感に「なるほど…!」と唸らずにはいられません。


未体験の妻にも試してもらうと、 「一度乾燥したとは思えない麺の食感」「スープが段違いに美味しい」「箱買いしたい」 と大絶賛。

また革新性を確かめるべく、他のカップ麺もいくつか食べてみたのですが、マルちゃん正麺 カップは麺の食感、スープの味、そして香り、全てがまさに別次元。

これほど褒めてしまうと大げさに思えるかもしれませんが、実際に試してみれば、カップ麺好きならきっと同じ衝撃を受けるはず。


たった205円で、そこらのラーメン店にも負けない味が手軽に楽しめる、まさにカップ麺の歴史の転換点とも言えるマルちゃん正麺 カップ。

ぜひ帰りがけにでも、1つ買ってみてください。カップ麺とは思えない革新的な味と香りに、きっと驚きますよ!

マルちゃん正麺 カップ|東洋水産

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。