2015年10月06日 12:37

ペットが壁に頭を向けている時に疑うべき病気

 

ペットが壁に頭を向けてる時に疑うべき病気00
ペットは話すことができないことから、病気なのか、一時的に落ち込んでいるだけなのか、判断しにくいことがあります。

しょげているだけかのように見えても、獣医に連れていったほうがいいかもしれません。

頭を壁に付けているときに病気と疑うべき6つの理由をご紹介します。

1.
ペットが壁に頭を向けてる時に疑うべき病気01
どこかに変調があると訴えている可能性があります。


2.
ペットが壁に頭を向けてる時に疑うべき病気02
その問題が前脳の病気である可能性があります。


3.
ペットが壁に頭を向けてる時に疑うべき病気03
あるいは神経システムが感染症を起こしていたり、腫瘍がある可能性もあります。


4.
ペットが壁に頭を向けてる時に疑うべき病気04
あるいは肝臓の毒がまわってつらいのかもしれません。


5.
ペットが壁に頭を向けてる時に疑うべき病気05
この姿勢のときは、新陳代謝の障害、脳の炎症、脊椎や脳の損傷のサインとも考えられます。


ペットが壁に頭を向けてる時に疑うべき病気06
以上の理由から、あまり長くこの状態にしておく前に、動物たちにリスクを負わせないで、すぐに獣医に見せた方が良いとのことです。

落ち込んだ時に壁に向かったり、そうした癖があるペットもいるので心配しすぎる必要はありませんが、普段とは違う状態が続いたときは病気の可能性を疑ってみましょう。

If You See Your Pet Doing This, Take Them To The Vet

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
1. ペットが壁に頭を向けている時に疑うべき病気  [ 他力本願 ]   2015年10月06日 13:09
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。