2015年10月06日 21:44

62年間も爪を切らなかった男性…これが世界記録の長さ

 

62年間も爪を切らなかった男性00
インドのシリダハル・チラルさん(78歳)は、なんと16歳(1952年)から62年にわたり、爪を伸ばし続けてきました。

片手の爪の長さのギネス世界記録を持っているシリダハルさん。

いったいどのくらいの長さかというと……。

62年間も爪を切らなかった男性01
こんなに長い!

爪をまっすぐにしたら身長を超えるとのこと。

62年間も爪を切らなかった男性02
5本の爪ぜんぶで9m9cmあり、片手の爪の世界最長記録としてギネス記録を更新しています。

62年間も爪を切らなかった男性03
グルグル巻きになった親指が最も長く197.8cm、人差し指164.5cm、中指181.6cm、薬指181.6cm、小指179.1cm。

62年間も爪を切らなかった男性05
シリダハルさんによると、16歳のときに友達の爪を割ってしまい、先生からこっぴどく怒られたそうです。

62年間も爪を切らなかった男性06
爪がそんなに大事なものなのかと興味がわき、伸ばそうと決意。

62年間も爪を切らなかった男性04
周囲から切るように言われたものの、シリダハルさんの意思は変わりませんでした。

62年間も爪を切らなかった男性07
こちらは2004年との比較。10年余りでかなり伸びていますね。

62年もの間、割れずにつながっている爪の耐久力にも驚きですが、維持するのも大きな苦労があり、眠っている時でさえ慎重にならざるを得ないとのことです。

当然仕事を得るのも難しく、結婚も厳しいと思っていましたが、29歳の時に結婚しています。

シリダハルさんは、いずれはこの爪を切り、博物館に展示してもらうことを希望してます。

Longest fingernails on a single hand (ever) - Guinness World Records - YouTube

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。