2015年10月08日 21:39

この100年で花嫁のウェディングドレスはどう変化したか…10年ごとの比較写真

 

ウェディングドレスの変化00
洋式の結婚式で、もっとも注目を集めるのが花嫁のウェディングドレス。その起源はローマ帝国時代にさかのぼり、キリスト教の普及によって教会で結婚式が行われるようになり、現在に至ります。

ただし清純さを表す純白のドレスが標準となったのは18世紀後半以降。ヴィクトリア女王(イギリス)の結婚衣裳がきっかけだそうです。

この100年で、ウェディングドレスの流行がどんな風に変化したのか、10年代ごとの比較をご覧ください。

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。