2015年10月11日 19:14

「コカ・コーラの日」にペプシのTシャツを着た生徒→なんと停学に…海外の反応

 

コカ・コーラの日にペプシのTシャツを着た生徒が停学
コカ・コーラ社とペプシ社は、ライバル企業として争ってきた長い歴史があります。

1998年に、コカ・コーラ本社の近くにある高校で「コカ・コーラ・デー」というイベントが行われたのですが、その日にペプシのTシャツを着てきた生徒がいました。

なんとその生徒は停学処分となり、それを聞きつけたペプシ社は……。

THE MEDIA BUSINESS - A Pepsi Fan Is Punished in Coke's Backyard - NYTimes.com

「コカ・コーラ・デー」はジョージア州の高校で催され、コカ・コーラ社から役員が訪問することになっていました。(コカ・コーラ本社の所在地はジョージア州アトランタ)

賞金500ドル(約6万円)の地域コンテストや、賞金1万ドル(約120万円)の国民コンテストなどが行われました。

ところが当時の現地ニュースよると、マイケル・キャメロン君は、ただひとり青と白のペプシのロゴが入ったTシャツを着て登校してきたというのです。

本人はジョークのつもりでしたが、それによって全員で“Coke”という文字になる集合写真も台無しになったと、1日の停学が言い渡されました。

それを聞きつけたペプシ社が声明を出しています。
「詳細を聞かずとも、マイケル・キャメロン君は明らかに、とてもすばらしい服装の趣味を持ち、新しい流行を作れる人物であることがわかります。
彼を探し出して、将来もTシャツを着られるように、たくさんのTシャツをお贈りしたいと思います」

実際にペプシ社が彼にTシャツを贈ったかについては定かではありませんが、このペプシ社の対応に、海外掲示板からいろいろな声が出ていました。

●ジョージア州でコカ・コーラと言えば、もう宗教みたいなものなんだ。

↑ジョージア工科大学から半径5マイル以内ではペプシを買えないほどだ。大げさに言ってるかもだが、それほど間違っちゃいない。

↑でもキャンパスにタコベルはあるよね?
(以前はタコベルはペプシ傘下だった)

↑あるが、コーラと一緒に出てくる、もう閉店したがピザハットでもいっしょで、コカ・コーラが出てくる。世界中で唯一コカ・コーラを出すピザハットだったらしい。

●この悪しき独占システム的が嫌いだが、その一方で、コカ・コーラを頼んでペプシを渡されるようなことも嫌いだ。なので悩む。

●もし自分がこの生徒の弁護士なら、「コカ・コーラ」という言葉が、炭酸飲料を差す一般名詞になっていると指摘するね。

●学校の財源は税金であるべきだ。コカ・コーラの賞金ではない。

●ナッシュビル(テネシー州)出身だけど、子供の時は何もかもがコカ・コーラだった。「どの種類のコーラ?」という表現が一般的な質問だったくらいだ。

●うちの家族では忘れられることはない事件だ。その生徒は自分の兄で、家族に大きな影響があった。
マスコミがどう報道するかについてや、仕事に対する考え方、道義的問題など、いろいろと学ぶことになった。
その結果、数年後には新聞社に勤めることにした。小さなことでもマスコミが事実を誤って伝えていることは腹立たしかった。このおかげで今ではニュースの事実、出典先などにこだわるようになった。
事件については、実際はペプシのシャツを着たのは2人で、兄は偶然シャツを着ていただけだった。もう1人のほうが注目を浴びたがって混乱を招いていた。もっと目立つペプシのシャツを着ていたしね。だけど、なぜかマスコミの注目を浴びて、名前が出たのは兄のほうだった。

↑同じ高校に通ったいとこもだいたい同じ説明をしていた。いつも同じシャツを着ていてそれは偶然だったともね。うちのいとこはだいたい大げさに話す癖があるんだが、そのコメントで本当のことを言ってたんだと今わかった。

●アメリカ人じゃないし、誰も傷つけるつもりもないんだが、この話がどれくらい奇妙に聞こえるかわかるだろうか。
「コカ・コーラ・デー」という日が学校にあるだけで、すでにおかしいのだが、停学まで加わるとクレイジーとしか思えない。
学校は個人的な意見を持つように学ぶところで、ひとつのブランドがすばらしいと思わせるところではない。
アメリカは素敵な自由の国ではないのかい。間違ったシャツを着て停学だって?
申し訳ないが、最初から最後まで馬鹿げている。その生徒が大きく受け止めずに、すばらしい人物になるよう祈ってるよ。

●コカ・コーラを学校に持ってきて停学になった生徒を知っているので、いちおう公平かもしれない。

●コカ・コーラ・デーって何なの? それって強制? アメリカは本当に私を驚かせることばかり。これを理由に企業が学校教育の財政を支援するべきではない。企業の興味の妨げになったことで勉強することを禁止されたなんて、ぎょっとする。

↑一応これは1つの学校のことで、1人か2人の決断の話で、それをアメリカと言うには範囲が広すぎる。

●コカ・コーラ本社がアトランタにあるので、地域のプライドというものが結構ある。


当時は大きく報道されたそうですが、家族のコメントによると、その内容はかなり不正確だったとのこと。

報道の信頼性や影響について考えさせられますが、この件に対するペプシ社のユーモアは見事ですね。

TIL in 1998, a Georgia high school student was suspended from school after wearing a Pepsi t-shirt on Coke Day.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。