2015年10月16日 19:30

「カニのハサミから小さなハサミが生えてるんだけど…」→「まぎれもなく真実だった」証拠写真

 

カニのハサミから小さなハサミ00
カニの腕の先にはハサミが付いていますが、そこからもうひとつハサミが生えているとしたら……。

「どういうこと?」と理解しにくいかと思います。

論より証拠に、写真をご覧ください。

カニのハサミから小さなハサミ01
ほんとだ!

カニのハサミから小さなハサミ02
ハサミからにょきっと小さなハサミが……。

役に立つのか立たないのかよくわかりませんが、こんなことってあるんですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ビールびんのフタを開けるための遺伝子的な突然変異に違いない。

↑うちの叔父が同じの持ってる。

↑アル中を突然変異と呼ぶのか。

↑遺伝子の構成要素があるのでイエス。

↑ダメなスーパーパワーだな。

↑ダメだがパワフル。

●このカニは2つのはさみをコントロールできるのかな?

↑いい質問だ。このカニについてはできない。よく写真を見るとそのはさみを動かす関節がない。大きなほうのはさみは根本に関節があるが、上の小さいのはそれがないんだ。

●「時々小さいはさみを使いたいんだけど、なぜか他の人がやってるみたいに感じる」

●きっと進化しようとしたんだよ。

●進化の途中でBボタンを押して進化をキャンセルするとこうなるんだ。

●オレならそれは食わない。

↑科学のために食べてみてくれ。


生命の神秘を感じますが、生きていくのに有利か不利かは謎です。

びんのフタをあけるにはちょうどいいかもしれませんね。

This crab claw grew another smaller claw. : mildlyinteresting

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。