2015年10月24日 13:09

「サメ肌を電子顕微鏡で見ると…こんな構造だったとは!」海外の反応

 

サメ肌を電子顕微鏡で見ると00
ざらざらした肌を「サメ肌」と言いますが、実際のサメの肌はどうなっているのでしょうか。

電子顕微鏡で見た写真をご覧ください。

サメ肌を電子顕微鏡で見ると01
これが肌!?

小さな歯が積み重なったような質感。

水の抵抗を小さくする構造だそうですが、これに触ったらざらざらどころではなさそうですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●生物学的にはその皮膚にはどんな利点があるの?

↑ひとつめは錆びない、だろうな。

↑サメ肌はメタル(金属)じゃないよ……。

↑おいおい、みんなサメがメタルと知ってるだろう。

↑メタルじゃないと言ったその前のコメントを取り消します。

↑流体力学だ。

↑体に付着する藻類や甲殻類を防ぐ。

●まるで未来の飛行機みたいだね。X-menやバットマンやアベンジャーに出てくるような。

↑N-1スターファイター(スターウォーズ)
サメ肌を電子顕微鏡で見ると02

●乾燥したサメの肌は、材木など柔らかい素材をやすりがけするのに使用できる。伝統的には、わさびをすりおろすのに使っていた。

●これは、なぜサメのポケモンが荒いスキンを持っていたかを思い出させる。

●これはうろこで、水中ではほとんど抵抗がない。ゴルフボールが空気抵抗を減らしているのと同じ要領で、皮膚が小歯状突起を作りだす。

↑そのうろこはその名の通り、歯みたいだね。

↑実際にサメは覆われた歯のセットだからな。


こんな素材の水着で泳いだら、さぞかし速く泳げそうですが、うっかり触れただけでケガしてしまいそうです。

Shark skin when viewed under an electron microscope.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。