2015年11月13日 12:25

「死ぬほど行きたかったスイスの絶景ホテルをついに訪れた…撮影してみたよ!」いろんな意味で人気を呼んでいた写真

 

死んでも行きたかったスイスの絶景00
世界には美しい場所、変わった場所は無数にあり、死ぬまでに訪れてみたいところは誰にでもあるかと思います。

さて、ある海外の人は、スイスのミューレンという山村のホテルに、死ぬほど行きたかったとのこと。

「ついに念願かなって訪れた!」と撮影した写真が、海外掲示板で人気を呼んでいました。

(理想)
死んでも行きたかったスイスの絶景01
おお、美しい!

まるで天国のような場所です。こんな景色を見ながらビールを飲めたら最高ですね。死ぬほど行きたかった気持ちも……。

あれ? でも写真に(理想)って付いてるけど……。

そう、これは実際に訪れてから撮った写真ではなく、これを見て行きたくなった写真だそうです。

実際に訪れて撮った写真は……。


(現実)
死んでも行きたかったスイスの絶景02
こちら。

……。

…………。

まあ、山の天気ですしね。こういうこともありますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●それはひどい。もうビールを出してくれないなんて。

(投稿者)いちおう出してくれるが、オフシーズンは日中閉まっているんだ。それが理由で観光客はあまりいない。

●君がスキットルを持っていますように。(ウィスキーなどを入れる小さな水筒)
死んでも行きたかったスイスの絶景03
スキットル - Wikipedia

(投稿者)きっと仲よくできると思うよ。

↑自分も参加する。

●山に慣れていない人に言うが、こういう天気はいつでも起こり得るよ。8月でも頻繁ではないが雪がある。完全に雲に覆われてることももちろんある。そしてそれらは数時間のうちに起きたりするんだ。

(投稿者)そう言われたよ。自分が訪ねた時期の悪さも理解しているよ。だけど美しい可能性もある。

↑二週間前に行ったけどすごくきれいだった。申し訳ない。

↑少なくとも掲示板できれいな写真を見たってことで。

(投稿者)それが自分をそこに行かせたのだが……。

●そこのホテルでは360度のカメラを15分おきにアップデートしているよ。
Hotel Edelweiss

↑地球の反対側から見て、こっちは昼間なのに僕は何を期待していたかわからない。
死んでも行きたかったスイスの絶景04

↑同じく自分もバカだ。

↑自分はスイスにいるのにやっぱりチェックしてみたよ。

(投稿者)自分は今そこにいるのに、やッぱりチェックしてみたよ。

●それはかわいそうだ。自分の場合はうまくいったよ。ただプロの写真を過小評価してはいけない。
(プロ)↓
死んでも行きたかったスイスの絶景05
(自分)↓
死んでも行きたかったスイスの絶景06

(投稿者)それはおもしろい。ちょっと気が楽になったよ。

●特別な場所の写真に惹かれるってことはあるよ。特に山を含む場合はね。自分はイタリアで似たような気持ちになった。

(投稿者)きっと天候に関しては、もっと幸運だったよね?

●行く前に良い景色が見られるように、もうちょっと調べていかなかったの?

(投稿者)秋(のスイスの山)はどちらからしいんだ。とてもさわやかで美しいか、あるいは残念か。自分が行ける時期はこのときしかなくて、その日はそうじゃない日だった。仕方がない。

↑あるいは大吹雪か。

↑きっと早朝はかなりいい時間になるよ。


天気ばかりはどうにもなりませんが、いずれリベンジしに再訪する人生の目標が残ったと、前向きにとらえたいところです。

死んでも行きたかったスイスの絶景07
ちなみに、ミューレンの山村はこんな風景だそうです。
ミューレン - Wikipedia

I've been dying to see this spot in Switzerland ever since I saw it posted here.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。