2015年11月27日 22:32

絶滅したと思われた800年前の「かぼちゃの種」を発掘、植えてみたら→こんな形に育った

 

800年前のかぼちゃの種00
2012年に、アメリカ・ウィスコンシン州で800年前の土器が発掘されました。その中には「かぼちゃの種」が入っており、絶滅したと思われていた品種だったのです。

しかも種はまだ生きていて、栽培が可能な状態でした。

どんなかぼちゃが育ったのかというと……。

800年前のかぼちゃの種01
こちらが発掘された800年前のかぼちゃの種。
品種名は「Gete-okosomin」。

これを栽培した結果、どんな風に育ったのかご覧ください。


800年前のかぼちゃの種02
こんなかぼちゃが育ちました。

今どき売られている、普通のかぼちゃと変わらない?

いえいえ……。


800年前のかぼちゃの種03
実はこんなに縦長。


800年前のかぼちゃの種04
かぼちゃを「南瓜」と書くだけあって、瓜の仲間なのだと実感します。


800年前のかぼちゃの種05
手に持ったところ。最長90cmまで成長するそうです。


800年前のかぼちゃの種06
味についての言及はありませんでしが、800年前に保存された種がこうして育ち、食べることができるなんて不思議なものですね。

この古代かぼちゃは、アメリカ先住民のコミュニティに贈呈されて、儀式に使われているとのことです。

8oo Year Old Big Old Squash

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(16)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。