2015年11月30日 12:19

「うちの妹ほどひどい子はいないと思うんだ…その証拠を見せるよ」同情されていた写真

 

ひどい妹00
とある海外の兄(姉?)が、「うちの妹はモンスターだ!」と、嘆いていました。

同情を誘っていた証拠写真をご覧ください。

ひどい妹01
あああっ……

ドーナツが全部かじられてる!

全部を味見をしたかったのか、ツバを付けた理論で「私のもの」という独り占めアピールなのか……。

いずれにせよ、妹をモンスターだと感じる気持ちはわかります。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●なんてひどい妹なんだ!

●若いよね。とても幼い子であってほしい。

↑その噛んだあとの大きさを見てごらん。

↑モンスターサイズだ。

↑うちの母もこれをやるよ、それが理由で家を出た。その上に冷蔵庫にあるドリンクのフタは全部なくすんだ。

↑何だって? そのお母さんも若いよね。とても若くあってほしい。

●そんなことで全部のドーナツを食べるのを止めるオレではない。

↑それに赤の他人じゃないだろ。妹だろ。あとでしばけばよい。前に進むんだ。

●自分は5歳の時にピザのすべてのピースにこれをした。勝利の味だった。

●絶縁だ。

●ウソだ。この世にこんなひどいことができるヤツがいるなんて。絶対に自分で6つのドーナツを買ってかじって写真を撮ったんだ。

↑うちのルームメイトもやるよ。

●自分の彼女もこれをやるんだ。彼女の妹も、そして彼女の母親もね。彼女のお父さんを哀れに思う。

●大丈夫さ。これらの噛んだ部分は全部でおそらく350-400kカロリーくらいだ。そしてそれは全て妹のケツの肉になるんだ。すると妹は自尊心が低下し、女性がどう見えるべきかという非現実な期待をはじめ、夜の女として働きはじめる。そして予定外の妊娠をして、その娘が11歳になったときに同じようにドーナツをかじる。そこで妹は「ああ、あのとき兄のドーナツをかじらなければよかった」と思うんだ。因果はめぐるのさ。


ドーナツ好きが多いアメリカ人ということもあってか、こだわりを感じるコメントが多くみられました。

妹の年齢や、普段の関係によって感想は変わりそうですね。

My sister is a monster

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(16)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。