2015年12月12日 20:17

「シェービング・ブラシを30年使ってきた父が、ついに新品に交換した…同じものとは思えない」ビフォー・アフター写真

 

シェービングブラシ00
シェービングクリームを泡立てるブラシを30年も使い続けてきた、とても物持ちの良いお父さんが海外にいるそうです。

たまたま同じブラシを見つけたことから、ついに新品に交換することになりました。

30年使ったブラシと新品の比較をご覧ください。

シェービングブラシ01
うわ、もうブラシの形になってない……。

たしかにまだ泡立てることは可能かもしれませんが、ブラシというよりもスポンジのようになっています。

この状態になっても使ってきたというお父さん、物持ちがいいというレベルではありませんね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●どうして替えるのに30年もかかったんだ? そんな短くなったらお父さんにもよくなかったろうに。

↑きっと30マイルくらい間違った方向に進んで、ようやく間違いに気づき、人に道を聞くってのといっしょだと思う。

↑それは30マイルの間違いだが、30年の間違ったシェービングだぞ。

(投稿者)父親が言うにはブラシはまだ柔らかく、捨てるに忍びなかったと言うんだ。でも幸運にも同じのを見つけられたので。

↑また見つけられなかったときのために3〜4個を買っておくといいと思う。

↑あと120年も長生きさせるつもりか。

●うちの父も似たようなことをする。自分の成長とともにあったブランドを使いたがって、なくなるとAmazonで探してくれと言う。すると、もうとっくに生産されていないんだ。

●若い時分には、これが何をするものかわからない。誰か説明して。

↑シェービング・クリームは、石けんを泡立ててからあごに広げるんだ。映像はここ。

How to make Shaving Lather Using a Badger Shave Brush and bowl - YouTube

●80年代のガジェットがいつからビンテージになったんだ。


ある意味で、ブラシの寿命や耐久性がわかる実験にはなっています。

衛生面に関わることは、もう少し贅沢になってもいいと思いますが、よほどお気に入りだったのでしょうね。

Here's the difference between the old and new one.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。