2015年12月20日 18:47

こんなデザインはつらすぎる…投げ捨てたくなる製品・グッズいろいろ

 

デザインの失敗00
より売れるよう、人の目を引くように、いろいろなデザインがいろいろな製品にほどこされますが、意図せず、それはちょっとどうかと思われる結果になってしまう場合があります。

そんな失敗ケースをご覧ください。

1.
デザインの失敗01
白地に黒というシンプルな色使いですが、バスルームで見たい模様かと言われたら、間違いなくNO。


2.
デザインの失敗02
階段に敷き詰められたカーペット。この模様では踏み外す人が続出しそう。


3.
デザインの失敗03
殺虫スプレーと調理用オイルスプレーが、そっくりなとき。


4.
デザインの失敗04
テーブルのサイドに傾斜。物が落ちまくり。


5.
デザインの失敗05
ミニオンの容器はかわいいですが、中身がストロベリー・シャンプーだったことと、漏れてくる場所が目だった。


6.
デザインの失敗06
わざとやったのかと疑うレベル。


7.
デザインの失敗08
横に読むと「ノー・スモーキング」(禁煙)と「セイフティ・ファースト」(安全第一)。
ところが真ん中が切れてるために「ノー・セイフティ」(安全なし)とスモーキング・ファースト(喫煙第一)に読めてしまう。


8.
デザインの失敗09
ええええええ、ドアは? 囲いは?


9.
デザインの失敗10
これは床クリーナーだそうです。どう見てもジュース。


10.
デザインの失敗11
エレベーターの階ボタン。最初にするのは行きたい番号探しから。


笑えるものはよいとして、リスクのあるものはすぐに対策をとらないと大変なことになりそうです。

反面教師としてデザインの重要性を実感できたのではないかと思います。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。