2015年12月26日 12:47

「これをナメたら痛い目に合う…と気をつけてることはある?」教訓としたい例いろいろ

 

ナメてはいけない00
物事を軽く考えすぎていると、痛いしっぺ返しを受けたり、ときには命を危険にさらすことさえあります。

海外掲示板に、
「あなたが気をつけている『これだけはナメたらひどい目に遭う』と心に留めていることはありますか?」と質問がありました。

抜粋してご紹介します。

●ガレージのシャッターのスプリング。これは体を真っ二つにする。

↑自分の上司が去年バネを自分で交換して死にかけたよ。誰かやってくれる人を探していたんだけど、あるバカが簡単だから自分でやるといいと助言した。上司は目の上を5cmも切って眼窩骨を折り、血の海の中で目が覚めた。彼がこぶになった傷と脳震盪だけですんだことに驚いているよ。

↑自分は友人が腕の半分を失うのを目の前でみた。

●海。

↑めちゃくちゃやられるか、まるごと飲み込まれる。

↑それは幸運なときだ。不幸なときは正気を吸い尽くされ、骨まで搾り取られ、それから丸ごと飲み込まれるんだ。ポセイドンはナメちゃいけない。

●やっぱり海だよ。小さな漁師の町で育った。おじいちゃんから「絶対に海に背中を向けてはいけない」と言われて育った。

●時効が短い債券、信用(短期信用)。

●スカンクを絶対にナメてはいけない。
速攻で臭くなるのは1つの理由だが、至近距離でくらうとまた別の話だ。一度うちの犬が顔にかまされて、走って家に戻ってきて、そのにおいを取ろうとベッドに飛びあがり、鼻をシーツにこすりつけた。もうスカンクのにおいが数日続き、かなり多くのものを捨てる羽目になった。

●パン屋と腕相撲はするな。それからシェフとナイフで戦うな。

●信用。自分は信用だけは裏切らないようにしている。誰かが自分のことを信用しているなら、自分がその価値にふさわしいようにふるまう。
猫がシンクにいるときは絶対に蛇口をひねらない。その瞬間はおもしろいかもしれないが、信用を裏切るということは耐えがたいことだ。
息子にひどいイタズラをしない。もちろん小さな冗談くらいはするよ。7歳だからだますのも簡単だ。だがそれは意地悪であって、彼には家族は信用できると思ってもらいたい。
以上は純真な心を持つペットや子供に対する小さな例だけど、大人でも同じことだと思っている。誰かが自分を信用してくれるなら、それに対する責任を持つべき。一度でも裏切ると一生信用をなくしてしまうものだ。

●触ると激痛があるオーストラリアの植物「ギンピ」(Dendrocnide moroides)。この植物をトイレットペーパー代わりに使った男性が、あまりの激痛に耐えきれず銃で自殺した。(激痛は年単位で持続)
ナメてはいけない01
Dendrocnide moroides - Wikipedia

●カバ……。彼らは非常に危険。
(参照:こんなにかわいいのに本当は恐ろしい6種の動物

●スズメバチ。
(参照:世界で最も危険な恐ろしい虫トップ5(日本のあの虫も…)

●あなたの食事を扱う人。

●化学者だが、ジメチル水銀。
世の中にはいろいろな毒があり簡単に殺せるものが多いが、ジメチル水銀はレベルが違う。
ジメチル水銀に被曝して亡くなったカレン・ヴェッターハーンの悲劇の話が知られている。彼女はゴム手袋の上に1滴か2滴のジメチル水銀をこぼしたことを覚えていた。後にテストによってで分かったことは、ジメチル水銀はいろいろな種類の実験用の使い捨てゴム手袋を、たった15秒という驚くスピードで浸透することができる。
3週間後に最初の神経症状(平衡感覚障害など)が出て、何度も極端な興奮状態を繰り返した後に植物人間の状態になった。最初に被曝してから1年後の1997年の6月8日に生命維持装置を外されて亡くなった。
カレン・ヴェッターハーン - Wikipedia
ジメチル水銀 - Wikipedia

●電気。配線工には絶大なる尊敬の念を持っているよ。

●メキシコの麻薬カルテル。彼らは何も気にしない。家族全員を目の前で殺し、そのあとでゆっくりと拷問する。

●アヘン。自分は麻薬についてはプロだ。マリファナ、LSD、シロシビン、何でもその利点がわかっている。だがヒドロ/オキシコドン、これはダメだ。レクリエーション用にはできない。
大勢の人々が数日に5ペースから、すぐに1日に2ペースになるのを見ている。それがあっというまに1日に4〜5ペースだ。この時点で気持ちが悪くならないために服用することになる。すると急に金が足りなくなる。そこでヘロインに手を出し始める。そうしたらもう死ぬかブプレノルフィン(モルヒネの20〜50倍の鎮痛作用)を使うしかなくなる。

●ITの人。

●戦争。

●クマ。

●ミセス・ウィーズリー。


それぞれ、ナメてはいけないと心に留めているものは違うものですね。

個人的には、道路や駅のホームでの歩きスマホは、はた目に見ても怖いなと思います。

What do you not fuck with?

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。