2015年12月29日 19:30

「なぜ標識を無視してはいけないの?」→「こうなるから」

 

「なぜ標識を無視してはいけないの?」00
道路を走る車や歩行者のために、標識や交通規則が設けられています。

もちろん守って当然なのですが、「それを無視するとこうなる」と、大変わかりやすい状況を示した写真が話題を集めていました。

現場にある「標識」に注目してご覧ください。

「なぜ標識を無視してはいけないの?」01
ありゃりゃりゃ。

無残に橋ごと落ちかけているトラック。

その手前に掲げられている標識は「トラック立ち入り禁止」。ちょっとしたサインを見落とすと、いきなり死が待ち受けていることもあるわけです。

場所はインディアナ州とのこと。

海外掲示板の意見をご紹介します。

●これは彼のせいじゃないだろう? 橋の反対側にいたら、どうやって標識を確認できるっていうんだ。

↑後ろ足を使って……。

↑自分は 片側だけに重量制限を見せている橋を知っている。さらにいくつかは、もう戻れない時点に重量制限の標識を表示している橋も見る。あるいは反対側に工事があり、標識が見えないこともありうる。

●昔の同僚はトラックを橋にぶつけたよ。それも一度だけでなく二度も。標識を注目させるには限界がある。

↑標識に気づくかどうかは運転手の責任である。

●壊れた橋の横を歩くのって安全なの?

↑大丈夫じゃないかな、橋が飛び上がって攻撃してくるわけじゃないから。

●速度制限を守る人もいないしね。

●6トンまで? 満タンに積載したF350(フォードのピックアップトラック)だってそれを超えるよ。

↑一体何を積載するんだ。金塊か?

●新しい橋ってどれくらい費用がかかるかな。

●歩行者のほうの橋を使うべきだったな。そっちには重量制限はない。

●見た感じは橋の天井部分にぶつけて橋を折ったようにも見える。高さの制限もあったのかな?


原因はともかく、標識はちゃんと守らなくてはいけませんね。これから保険のクレームが大変そうではあります。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 「なぜ標識を無視してはいけないの?」→「こうなるから」  [ 他力本願 ]   2015年12月29日 20:02
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。