2015年12月30日 12:46

「うわああっ、子猫がいない…と思ったら、こんなところにいたのね」ほっこりする写真

 

「子猫がいない…と思ったら」00
家にいたはずの子猫が、目を離したすきに見当たらなくなってしまったそうです。

どこに行ったのかと探したところ、なんと階段の下にいました。

ほっこりする写真をご覧ください。

「子猫がいない…と思ったら」01
階段の下を覗いたら……あっ!

「子猫がいない…と思ったら」02
なんと犬と一緒にいました。

頼もしいブルドッグの後ろに、ぴったりと寄り添って……。

いったいどんな関係なのか、海外掲示板のコメントをご紹介します。

(投稿者)2年ほど前に、義理の姉が職場の裏に小さな子猫たちが捨てられているのを見つけました。
この子を除き、すべての子猫たちは同僚らにもらわれていきました。この子を夫と私が引き取ってチューイーとと名付けました。
チューイーがブルドッグのバーニーと初めて出会ったときは、ひと目惚れでした。チューイーはバーニーを母親だと思っているといつも冗談を言っています。バーニーはとても優しい犬なの。チューイーは今2歳で、今でもバーニーについてまわり、ベタベタくっついています。
いくつかの動画を紹介します。

初めて会った日。

Bulldog meets kitten for first time - YouTube

チューイーの攻撃。

English bulldog not fazed by kitten attack - YouTube

お風呂のお手伝い。

Bernie the bulldog tries to assist with kitten's bath time - YouTube

チューイーが薬でハイに。

Bernie the bulldog and his kitty - YouTube

↑最後のビデオがよかった。

↑おもしろいね。

↑あまりのかわいらしさに、壁をパンチしなくちゃいけなかった。

↑ブルドッグが息を荒くして、フガフガしているのを聞いたらホームシックに陥ったよ。

↑その猫は本当に犬が大好きなんだね。うちのデブ猫も年寄り犬が生きていたころはベタベタしていたが、そこまでの感じではなくてテリトリータイプだった。犬に嫌がらせもしていたよ。

●そのブルドッグはどれくらいの大きさ? うちのは34ポンド(約15kg)あるので、かなり小さく感じる。
「子猫がいない…と思ったら」03

(投稿者)うちのは大きな子だよ。3匹生まれた中の1匹だったけど全員大きかった。74〜75ポンド。

●いったい犬がどうやってそこに入れるんだろう。

(投稿者)螺旋階段になっているの。後ろの下のくぼみになっている所に行ける。


普段からとても仲良しな2匹だそうです。

このブルドッグが一緒にいてくれるなら、目を離しても安心ですね。

Was freaking out because I couldn't find my new kitten anywhere.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。