2016年01月17日 15:52

旅行者は注意…アメリカの警察が「あやしい」理由だけで、所持金などの資産を没収する例が増加

 

ニューヨーク市警
アメリカの警察のネガティブな面が報道されるのは銃問題だけではありません。

ここ数年、市民や旅行者を震え上がらせているのが、資産や所持金の没収です。

犯罪者からの没収だけではなく、「あやしい」という容疑だけで、一般人も莫大な金額が没収されているのです。

Upstate NY police seize $8.5 million in assets a year without having to prove a crime

数年前から大きく取り上げられるようになったこの問題。2015年には、ニューヨーク市警察が有罪を証明せずに没収した金額だけで、850万ドル(約10億円)が計上されています。

ひどいことにアメリカの現行法では、警察は犯罪を証明せずに資産を差し押さえる権限を持ち、それを取り返すには、所持者が合法的にその資産を得たことを証明しなければならないのです。

そのためにかかる弁護士費用などは所有者が持ち、時間も資産も失うため、多くの人が泣き寝入りしているのが現状です。

例えば、スピード違反で車を停められたとき、車に現金が積んであれば不審だとみなされて没収され、それを取り返すための費用がないためにあきらめるケースが増えているのです。

恐ろしいのはその没収額が年々増えていることで、アメリカへの旅行者に注意勧告をしている国もあるほどです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●警察だって人間であり、腐敗する可能性がある。それを念頭にして法律を作るべきだ。

↑子供たちにも法律に誤りがあることを教えなければいけない。

●われわれは合衆国憲法修正第4条(不法な捜索や押収[差し押さえ]の禁止)から保護されていないのか。

↑そうだよ。だがそれがまかり通るために何をしたかというと、彼らは人が犯罪に問われているわけではなく、資産に罪を着せることにしたんだ。
「合衆国 VS 124700ドル」といったように。
非常にまぬけな話で、罪状をかぶせるのに筋の通った容疑がなくてもよい。警察犬が現金に対して反応したら、もうその現金は有罪で法律のいいなりだ。取り返すには裁判しか方法がなく、自分の現金が無罪であることを証明をしなければならない。この話が自分のでっち上げた創作であったら、どんなにいいかと思うよ。

●一般人が誰かの財産を許可なく取ると、盗みとして逮捕されるのにな……。

●トリビアの時間だ。アメリカの警察が2015年に市民から没収した金額は、アメリカ国内の盗難、強盗を合わせた金額より多い。

●カナダ政府はアメリカに旅行する人々に警告を出したよ。「アメリカの警察は起訴なしに現金を奪う」とね。
American shakedown: Police won't charge you, but they'll grab your money - World - CBC News

↑アメリカ政府も外国に行く人には「泥棒に注意」と警告を出すよ。よその政府からの警告が、泥棒の代わりに警察になっているなんて落胆するよ。

●友人が数年前に警察から現金を没収され、それを取り返すのを手伝った。
彼はスピード違反で停められ、自動車から降りるように言われた。素直に従うと警察は彼の身体を軽く叩いて検査し、財布を取り出した。その中には2200ドル(約26万円)入っていた(友人宅に2週間泊まりに行く途中だった)。彼は銀行が嫌いなタイプで、長く家を離れるのでたまたま多くの現金を持っていた。
大金を見た警察は車の中も調べると言う。するとスーツケースの端に8分の1ほどのマリファナを見つけた。警察は財産の差し押さえをした。友人はスピード違反のチケットを切られただけだった。
金額のレシートだけ渡され、現金を没収された。自分は弁護士ではないが、仕事で似たようなことをしている。友人に取り返すのを手伝ってくれと言われた。
それをするために警察の監督官と交渉しなくてはならず、恐ろしい量の書類が必要で、友人が職に就いていること、合法に得た収入であること、彼が2200ドルを現金で持っていることはおかしくないこと、彼がどこへ向かっていたかの供述書、銀行の明細、月々の予算などなどを沿え、3度に渡る強い主張の手紙、2度の警察への面接、そして2週間かかってようやく2200ドルが帰ってきた。
そうした仕事ができる友人を持っていないなら、どうしたのだろうかと思う。没収した警察官とその上司は良い人そうではあったが、自分がその現金を取り返す手続きをしていることに驚いていた。まるで取り返す人なんてほとんどいないかのように。
自分の友人に起きて初めてわかったが、これは国中で行われていて、個人的に非常に怖いことだと思う。

●疑わしきは無罪だろうに。

●何も怪しいものが車から見つからなかったのに、現金を没収されたという話も聞いたことがある。

●これって盗みだよね?

●警察「本当の犯人(お金)を逮捕して犯罪を未然に防いだ」

●これのどこが法律たりえるのか理解できない。

●なぜこんなことが許されているんだ。言葉にできないほどの憤りを感じるよ。違憲以外のなにものでもない。令状がなけりゃ自分のものに触るな。


隣国のカナダが警告を出すほどなので、日本の旅行者も、特に現金を多く持つことは避けたほうがいいようです。

Upstate NY police seize $8.5 million in assets a year without having to prove a crime

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(14)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. ここは酷い犯罪を証明せずに資産を差し押さえる権限ですね  [ 障害報告@webry ]   2016年01月19日 00:59
旅行者は注意…アメリカの警察が「あやしい」理由だけで、所持金などの資産を没収する例が増加:らばQ http://labaq.com/archives/51863047.html 現金を持ち歩かない社会だから、大量の現金=犯罪の臭いとなるんだろうな
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。