2016年02月05日 12:19

「カナダの小さな町のバーに入ったら…ファッションに特別なものを感じた!」この国ならではの光景

 

カナダの小さな町のバーのファッション00
ファッションは地域性や気候などが大きく影響するので、ところ変わればファッションも変わるものです。

カナダの小さな町にあるバーに入ったところ、かなり地域性を感じるファッションを目にしたそうです。

カナダ人が好むファッションとはいったい……。

カナダの小さな町のバーのファッション01
誰もが赤のフランネル・シャツ(ネルシャツ)!

少々の差はあれど、ほとんどが赤と黒のチェックのフランネル。もはや制服ではないかと思うほど、みんなが似たような服を着ています。

「たまたまこの町、この店が特別なのでは?」と思うところですが……。

カナダをよく知る人は「これぞカナダ人だよ」と強い賛同を示していました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●もしフランネルシャツの上にフランネルコートを着ていたら、もうあなたはカナダ人。

↑フランネルシャツにマッチしないフランネルコートを着ていたら、エキストラ・カナダ人?

↑オレンジ・フランネルにレッド・フランネル! 一緒にね!

●赤と黒のランバージャケットが見えるが、マッチした帽子がないぞ。

●関連のある図。
カナダの小さな町のバーのファッション02

↑悲しいが、それと全く同じコスチュームを持っている。しいて違いを探せば、シロップはボトルではなく缶に入っている。

↑缶に入ったメープル・シロップなんて見たことがないぞ。

↑これが本物のシロップだ。
カナダの小さな町のバーのファッション03

●カナダ人は愛国心が強くて旗を持っていると思われがちだが、アメリカ人と間違われないようにと言うだけに過ぎない。

●ええと、私の結婚式の写真。カナダの小さな町よ。
カナダの小さな町のバーのファッション04

●オレゴン州のポートランドだと言っても通じるよ。

↑自分はグランジ(ボロボロの古着ファッション)なのでフランネルを着ている。90年代にすがるのをやめないのは、90年に女の子と一度いい思いをできたから。

カナダの小さな町のバーのファッション05
とりあえずカナダでは、どこへ行くにも見かける、特有の基本ファッションのようです。

しかし色までみんな統一されているのは、なぜなのでしょうね。

Fashion at my small town Canadian bar.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(7)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。