2016年02月08日 12:07

イギリスの博物館に155年前の「ネズミ捕り」を展示→実際にネズミが引っかかる

 

博物館の150年前のネズミ捕り00
ずいぶんと年季の入ったこの箱は155年前の「ネズミ捕り」で、アンティークな品としてイギリスの博物館に展示されているものだそうです。

ところが展示だけが目的だったこの古いトラップに、生け捕りにされてしまったネズミがいました。

博物館の150年前のネズミ捕り01
こちらが実際に捕えられたネズミ。

博物館の150年前のネズミ捕り02
後ろには一度入ったら出られない穴。

1861年に作られたこのマウストラップは、生け捕りにするケージ式のもので、「田舎の生活」というテーマで博物館に展示されていました。

非常に古いものながらも、最もシンプル、そして「シーソーのメカニズムでネズミを簡単に捕まえる」と作られたときの説明がそのまま記されています。

一匹のネズミが警備の目を盗んで入り口を潜り抜け、さらに博物館のスタッフに気づかれないまま展示場へと忍び込んだのです。

そして何千とあった展示物の中からネズミが選んだのは、155年前に作られた自分を捕えるトラップだったのです。

博物館の150年前のネズミ捕り03
罠には、おとりとなるエサは仕掛けられていなかったのですが、それでもネズミが入りこむ十分な魅力があったようです。

この思わぬハプニングに、博物館のスタッフはネズミをどうするか決めかねているそうで、1つは品よく埋葬してやるというオプション、もう1つははく製にして、トラップの特徴としてそのままにしておくというものだそうです。

罠としては150年たった今も効果があることが判明し、展示品のクオリティが証明されたというお話でした。

Museum's 155-year old Perpetual Mouse Trap has claimed its latest victim

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(12)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. メテオかけられたら尻で受けろ  [ 【小人閑居シテ駄文記ス】 ]   2016年02月10日 20:09
【元乳酸菌研究者が『腸内環境とヨーグルト』の必要な事だけ教えます】(レコメンタンク) 不健康な生活を送っているから、健康に良さそうなもんをカラダに入れときゃプラマイゼロやろ。ハハン、ワイ賢いわ。 という考えが愚か者のそれだということは理解しました。とても解りや
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。