2016年02月17日 21:10

中国の農夫がコツコツ10年かけた7階建ての家、あまりにも斬新すぎて注目を集め「ハウルの動く城」と比較される

 

中国の7階建ての建物00
中国山東省臨ク県の農夫が、10年かけてコツコツと増築した結果、大変ユニークな家になったそうです。

Weibo(中国でもっとも人気のあるSNS)で話題を呼び、リアル版「ハウルの動く城」と比較までされているとのことです。

いったいどんな家なのかご覧ください。

中国の7階建ての建物01
なっ!?

これは……。

この7階建ての家を建てたのは55歳の中国人男性で、10年かけて、石、粘土、木材などを運んではコツコツと積み上げてきたとのこと。

中国の7階建ての建物06
「Weibo.com」

中国のサイトでは200万アクセスを超える人気を呼び、リアル版「ハウルの動く城」として比較までされているそうです。

中国の7階建ての建物02
崩れていないことが奇跡であり、ファンタジーという点においてはハウルに負けていないかも……。

中国の7階建ての建物03
地震の多い日本であれば、3日と持たない気がします。

中国の7階建ての建物04
石垣のように積み上げられた石とレンガと木材。安定してるのが不思議。

中国の7階建ての建物05
バランスの悪いところは木で補強されているあたり、絶妙な計算をしているのかも。

中国メディアによると、男性は兄弟たちがいつでも帰ってこれるようにと、10年前から家を増築してきたとのことです。

ただし、男性の兄弟は10年前にすでに亡くなっているとのことで、精神的に問題を抱えているのではないかと説明されていました。

A Chinese Farmer Spent 10 Years Building This 7 Story House

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(13)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。