2016年02月20日 15:50

アメリカの学生「うちの大学はトイレットペーパーがこうなっている」

 

アメリカの大学のトイレットペーパー00
とあるアメリカの学生が、「これが自分の大学のトイレットペーパー」と写真を海外サイトに投稿していました。

いったいどんなことになっているか、ご覧ください。

アメリカの大学のトイレットペーパー01
普通のトイレットペーパー……の横に、大きな南京錠!

なるほど、すぐに盗まれてしまうため、盗まれるのを防止しているわけです。

治安の悪いところならともかく、大学でこの状況というのは残念な気はします。

このアメリカの事情に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これは結構一般的。

↑そうだよ、ほとんどの公共トイレなどでね。

↑見たことないよ。どんな公共トイレでロックされているんだい?

↑大学のキャンパス、小売店、オフィス街。

●空のトイレットペーパーの芯を持っていって、そこに巻き付けて新しいのを持って帰るんだ。

↑コードレスのドリルが役に立つな。

↑ドリルを空の芯につけて回して、新しく巻きつけるわけか。

↑「なぜあの学生はドリルを持ってトイレに入ったんだろうな」

↑この南京錠が完全にゴミというだけでなく、何のスキルもなくてもクリップ1個で数分で開けられるよ。

●自分は無一文だったことを理由にトイレットペーパーを盗んだことはないが、店に買いに行くのが面倒だからという理由で盗んだことはある。

●もし貧乏なら、ほぐしてかばんに入れる。

●アメリカの学生ローンがどんなことになってるか知ってるかい。学生が元を取ろうと必死なんだ。
(参照:ドイツに殺到していのは難民だけじゃない…アメリカからの留学生が激増している理由

●うちの大学のトイレットペーパーは、あまりに質が悪いので盗む価値もない。


モラルや経済事情などが垣間見えるやりとりでした。

My university has to lock the toilet paper because broke college students steal it

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(8)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。