2016年02月21日 22:45

「火星探査のローバー、どのくらいの大きさだと思ってた? もし犬くらいの大きさだと思ってるとしたら…」→大きな間違い

 

火星探査のローバー00
こちらは無人火星探査車(マーズ・ローバー)のキュリオシティ。2012年8月5日に着陸成功してから、さまざまな火星の画像を送信したり、新たな発見をしたりと活躍中です。

さてこのキュリオシティ、まわりに比較物が乏しいので大きさがよくわかりませんが、一般人に聞くと「犬くらい?」との意見が多いとのこと。

もしそのイメージを持っているとしたら改めるべきでしょう。

火星探査のローバー01
実はこんなに大きい!

構造がシンプルなのと、無人で操作するラジコン的なイメージから、普通車よりもずっと小さなサイズと思う人が多いようです。

火星探査のローバー02
また、犬くらいだと思われがちな理由はもう一つあって……。

火星探査のローバー03
こちらは、歴代の探査車(のテスト車)が勢揃いした写真。

キュリオシティは第3世代の探査車で、左手前にあるのは初代探査車ソジャナー。

確かに犬程度の大きさで、このイメージが強いのかもしれませんね。

火星探査のローバー04
こちらはキュリオシティが2012年に自分撮りをした写真。自撮り棒にあたるものが見えないものは、複数の写真を組み合わせて合成しているからとのことです。

For those of you like me who always imagined the Mars Curiousity Rover was about the size of a dog.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。