2016年02月24日 12:29

「動物保護施設で猫と目が合った…リラックスのプロだと思った!」人気を呼んでいた写真

 

リラックス猫00
動物保護施設に引き取られた動物は、さまざまな事情や環境から、不安を抱えていることが少なくありません。

ところが、とある動物シェルターの猫が「リラックスのプロ」だと感心されていました。

どんな休息の取り方をしていたかと言うと……。

リラックス猫01
確かにプロ!

この何事にも動じなさそうな表情といい、完全に身を任せきった気の緩め方といい、何かしら学ぶところがあります。

きっとこの猫からしたら、「少々あわてたところで、何の状況も変わらないニャ」と言ったところでしょうか。

この猫を見て、海外掲示板では引き取りたいという声が殺到していました。

コメントをご紹介します。

●もしかしてこれはテキサス州の動物保護シェルターのスクウィークという猫? 今朝、私はあなたと一緒にボランティア活動をしていたかもしれない。

↑もう2人は結ばれるしかないな。

↑掲示板のコメントが誰かわかるときは、もうその相手と結ばれていい。

●この猫はまだ引き取れる? 自分はとても怠けものの猫を、自分のパートナーとして探してるんだけど。

●「フランス猫のように描いてほしいニャ」

↑トライしてみた。
リラックス猫02

●自分はこれを見て、自分の猫だと確信した。
リラックス猫03

●その猫はすぐに引き取り手が現れるに違いない。

●以前、閉じ込められていたタイプってのはすぐわかるんだよ。

↑前に病院で働いていたとき、年配の紳士がアルコールのデトックスをした後に目を覚ました。彼は壁の電源差込口を取り外し、水の入った発泡スチロールカップに銅線を差し込みはじめた。これは刑務所ではスティンガーと呼ぶらしく、水を温めるのに利用するそうだ。自分は「患者さま、廊下の向こうに電子レンジがありますけど」と伝えたが、長い間刑務所にいると癖が出るんだ。

↑今日、自分は何かを学んだ。

↑基本的にはこれだが、もっと安全じゃないやつを使っているだろうな。
リラックス猫04

●ゆりかごの中の猫?

●「なぜおまえたちは逆さまなのだ、ニンゲン?」


人生は急いでも、すぐどこかに到着できるわけでもなく、のんびりあせらずリラックスすることも必要です。

このくらいの余裕を持っていたいですね。

Expert level chill from the local shelter.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。