2016年02月28日 11:38

「試験中に時計ばかり見る生徒だなと思ったら…あっ!」

 

試験中に時計ばかり見る生徒00
時間が気になる人は腕時計をちらちら見るものですが、試験中に生徒が何度も時計を見ていたそうです。

あまりに頻度が多いので、注意深く観察してみると……。

試験中に時計ばかり見る生徒01
わわわっ、カンニング!

そう、単なる腕時計ではなくスマートウォッチだったのです。

今時だと十分ありうるので、先生のほうも油断も隙もありませんね。字が細かいので、そりゃあ何度も確認しないと答えを探せなかったことでしょう。

海外掲示板の意見をご紹介します。

●自分が学校に通ってた頃のカンニングと言えば、うまく答えを腕、足などばれにくい場所に忍ばせることだった。現代の子供たちはずいぶんと簡単だ。

↑自分の近代的なカンニングの手法は、持って行くドリンク(例えばコーラ)のラベルをスキャンし、その画像に答えを載せてプリントしてボトルに貼る。飲み物の持ち込み可のときしか使えないけど。
ちなみにそれを説明しているのがこれ。
試験中に時計ばかり見る生徒02

↑自分が教師で、これをやっている子供がいたら怒らずに感心する。

●自分のときは手動でカンニングシートを作らなくちゃいけなかった。そしてそれを計算機に貼った。なので数学と物理のクラスのみに有効だった。

●ここオランダの大学では、もはや腕時計をつけることは許可されていない(機械式でさえ禁止)。全ての大学かどうかは知らないが、自分のところはダメだね。

●カンニングシートを作るときには、多くの情報を詰め込むために、きちんと読んでさらに読み直して、それから書かなくてはいけない。90%くらいの割合でカンニングシートを作ったが、それを使うことはなかった。作ったことにより覚えていたからだ。

↑ブロッサム(アメリカのテレビドラマ)のエピソードであったな。ジョーイが何度もカンニングシートを書き直して、どんどん小さくして、どんどん隠す場所もうまくなる。そして最後には完璧なカンニング法を見つけたんだが、すべての情報をここにしまえばいいんだ、と頭を指さしていた。

●うちの教授のカンニングをさせない方法は、試験中にノートもテキストブックも開いてもよいというものだった。そのかわり極端に難しく、情報があるというだけでは合格できなかった。記憶で答えられる問題ではなかった。

↑スキル基本のテストのカンニングがんばれ。

●自分は学校で、このタイプの時計に苦労させられたよ。
試験中に時計ばかり見る生徒03

最先端のカンニング技術。

Cheating in 2016 has been taken to a whole new level - YouTube


カンニングの手口もどんどんハイテク化しているようです。

さらに時代が進むと、ガジェットを活用するのも能力のうちとして、カンニングが前提のテストも出てくるかもしれませんね。

My teacher friend thought a student was checking the time too often during a test

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(11)
この記事へのトラックバック
1. 「試験中に時計ばかり見る生徒だなと思ったら…あっ!」  [ 他力本願 ]   2016年02月28日 12:18
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。