2016年03月05日 12:03

これはいいアイデア…子供のころに遊んだ「ガラクタおもちゃ」がオシャレなインテリアに変身

 

ガラクタおもちゃをインテリアに変身00
大好きだったおもちゃの数々も、多くはガラクタとなって捨てられる運命にあります。

そんな思い出の品をアイルランドのデザイナー、ライアン・マッケルヒニーさんが、オシャレなインテリアに変身させました。

どんなインテリアになったのか、工程をご覧ください。

1.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身01
こちらが材料一式。
おもちゃと、コードのついた金属の棒、テープ、接着剤、スプレーなど。


2.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身02
金属の棒を立てかけて……。


3.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身03
おもちゃを接着剤でくっつけていきます。


4.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身04
接着剤が乾いたら、一度だけ下地を塗ります。


5.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身05
次に自分の好きな色をスプレーします。今回は金ぴか!


6.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身06
近くで見ても、使い古したフィギュアとは思えない質感。


7.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身07
いろんなヒーローやスーパーカーの集合体。


8.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身08
さて、何ができたのかというと……。


9.
ガラクタおもちゃをインテリアに変身09
電気スタンドでした!

興味深いアイデアですね。

なるほどおもちゃを捨てなくても、ちょっとした工夫でおもしろいアートにもなります。

これを見ての海外掲示板のコメントをご紹介します。


ガラクタおもちゃをインテリアに変身10

↑:(

↑それを見たらもうこのプロジェクトはできなくなった。

●最初の1〜2枚の写真でどうなるか疑問だったが、思ったよりクールな出来だった。

↑ペイントの前のテープも悪くなりそうな予感だった。

↑それが作品の最終形態だと思ったらダマされた。かなりよくなったね。

●こういう作品はどう組み合わせるがかなり大事である。多すぎてもダメ、少なすぎてもダメ。GIジョーをランプにつけたのは気に入った。ちょうどいい数で配置もよい。

●エイジ・オブ・ウルトロンの小さいバージョンを作る方法かもしれないぞ。とりあえず試してみる。
ガラクタおもちゃをインテリアに変身11

●自分もやってる。
ガラクタおもちゃをインテリアに変身12

●こんな感じ。
自分の中にいる子供のころの自分:わお!なんてすばらしいアイデアなんだ。
自分の中にいる大人になった自分:それはどうやってほこりを掃除するんだ?

●クールなアイデアだ。だが自分の意見だと、ゴールドはちょっと品が悪い感じがする。

↑だから好きな色を選んで塗ればいいんだよ。


照明がそのままフィギュアのライトアップになっていて、飾るのが楽しいインテリアとなっているのではないでしょうか。

持っているおもちゃによっていろいろ応用が楽しめそうです。思い出がいっぱいつまった宝物になりますね。

Old Toys Used In An Unusual And Creative Manner (9 pics) - Izismile.com

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。