2016年03月07日 19:30

消防士によって救出された子犬がやけどから回復し…なんと正式な消防士に任命される

 

火災から救出された子犬、消防士に00
アメリカ・サウスカロライナ州で火災があり、生後3週間の子犬が消防士によって救出されるも、全身の75%をやけどする重傷でした。

救出した消防士に引き取られた子犬は順調に回復し、今ではなんと正式な消防士として活動しているそうです。

1.
火災から救出された子犬、消防士に01
やけどの跡が痛々しいジェイク。消防士のビル・リンドラーさんによって助け出されました。

2.
火災から救出された子犬、消防士に03
獣医の元で治療を受けましたが、元の飼い主は貧しかったことから、このまま治療を続けることができませんでした。

3.
火災から救出された子犬、消防士に02
それを聞いたリンドラーさんは、自ら救出したジェイクを引き取り育てることを決意。

4.
火災から救出された子犬、消防士に04
リンドラーさんの元で順調に回復・すくすくと成長するジェイク。

5.
火災から救出された子犬、消防士に05
リンドラー家の他の犬たちとも仲良くなりました。

6.
火災から救出された子犬、消防士に06
「もっと遊んでー」とせがむくらい元気に。

7.
火災から救出された子犬、消防士に07
ハナハン消防署でも愛される存在となったことから、リンドラーさんはジェイクに消防犬として活躍してもらうことにしました。

8.
火災から救出された子犬、消防士に08
消防士としての書類に調印。ハナハン消防署の正式な隊員となったのです。

9.
火災から救出された子犬、消防士に09
今ではこんなに立派になったジェイク。

10.
火災から救出された子犬、消防士に11
消防士のユニフォームが似合っていますね。

11.
火災から救出された子犬、消防士に10
任務は火災現場ではなく、子供たちに火災安全について学んでもらう講習のために学校に同行しています。

12.
火災から救出された子犬、消防士に12
リンドラーさんは、やけどを負ってもこんなに美しく輝ける存在になれるのだと、同じくやけどを負った人々を勇気づけるセラピー・ドッグとしての役目も期待しているそうです。

その他の写真や近況はFacebookをどうぞ。
Facebook:Jakes Page

A Puppy Saved From A Fire Becomes A Firefighter

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。