2016年03月17日 10:37

「間違いなく『自分にだけ起こった…』という経験はある?」回答いろいろ

 

自分にだけ起こったこと00
良し悪しに関わらず、自分にだけ降りかかることがあります。

海外掲示板に、
「きっと自分にだけ起こったことはありますか?」という質問がありました。

回答を抜粋してご紹介します。

●シマウマが自分の指を噛み、離そうとしなかったので、父親がパンチしたこと。

●財布を開けたら中から蛾が飛んでいった。カートゥーン(海外アニメ)の中で、破産したときの表現みたいに。

●妻がカジノでビデオ・ポーカーをプレイして、4回目くらいで、ロイヤルフラッシュの4000ドル(約45万円)が出た。
カジノの従業員が支払いに来て、たまたま隣にいた女性もビデオ・ポーカーをしていた。そしてその女性が妻に「自分も次の手でロイヤル・フラッシュが出るように、あなたの肩をさっと撫でさせてくれないかしら」と尋ねた。なんだか気味が悪かったが、妻は失礼になりたくなかったので、肩をすくめて「どうぞ」と言った。女性は妻の肩を撫で、ロイヤルフラッシュを出し、同じように4000ドルをゲットした。
カジノの3人の従業員、妻、自分、そして数人のプレイヤーたちはぽかんと口を開けて立っていた。自分は迷信深くはないが、なんてこった。

●自分のWindows98が、放置しておいて戻ったら青い画面になっていた。それもちょうど2000年の1月1日に。
2000年問題 - Wikipedia

●10〜12歳のころ、学校の旅行でワシントンD.C.に行った。
モールの近くを1人で歩いていると、ふくらんだ封筒が落ちているのを見つけた。拾うと国会議員のレターヘッドがついていた。現金が入っているかもと、周りを見渡したが誰もいなかった。それで中を開けてみたらマリファナがいっぱいだった。

●早朝3時に友人2人とバス停に向かって歩いていた。そのうちの1人が地元の話を始めた。
「大学に通う学生が夜遅くに歩いていると、バンが横に止まり彼に道を尋ねた。道を教えると今度は5〜6メートル進んでバンが停まった。そこで彼がまたバンに近づくと、中から一度に数人出てきて誘拐された」といった内容の話だった。
その話が終わったときに、白いバンが自分たちの横に止まった。そうして中から道を聞かれた。バンは発車したが、9メートルくらい先で止まった。自分たちも止まって、バンのほうを見ていた。10分くらいそのまま立っていた。するとバンは去り、自分たちもまた歩きはじめた。

●シリアルキラーについての本を読んでいた。ページをめくるとそこには自分の家の写真があった。なんとシリアルキラーは自分の住んでいた家の元オーナーだった。

↑ハロルド・シップマン?(イギリスの医師、連続殺人犯)
ハロルド・シップマン - Wikipedia

↑そうだよ。

●高校時代に付き合っていた女の子に高3のときにフラれた。理由は彼女が自分はレズビアンだと気付いたから。大学を卒業したあとでまた別の女性と付き合って、その子はまたレズビアンだという理由で僕を捨てた。2人ともその相手が同じ女性だった。

●3歳のときに隣の人が、自分を養子にしていいかと両親に尋ねたらしい。両親は丁寧に断ったそうだ。

●人と共有することができなかったので、幼稚園に入り直しさせられた。

↑それを共有してくれてありがとう。

●仕事を始めて最初の客が、仕事をやめるときの最後の客でもあった。

↑最初の客のあとすぐやめたとか?

●今の会社でまったく昇進なしに6年半。ちなみにうちの会社でそれを成し遂げたやつはいない。

●口笛が吹けるようになるための手術を受けた。


内容も千差万別ですが、本人にとってはとても重大なことです。

自分にだけ降りかかることは意外と多いのかもしれません。

What's something you're pretty sure has only happened to you?

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。