2016年03月23日 22:00

育ての親はネコ…赤ちゃんが最初に発した言葉は猫の名前だった

 

赤ちゃんの育ての親は猫00
2歳の猫「ラリー」“Larry”は、残念ながら前の飼い主には気に入られず、赤ちゃんが生まれたばかりのミシェルさんの家に引き取られました。

赤ちゃんのアベル君はラリーをとても気に入り、ラリーもまた育ての親のようにアベル君に接するようになったのです。

驚くことにアベル君が生後9か月で発した最初の言葉は“Yarry”(“Larry”の赤ちゃん発音)だったのです。

1.
赤ちゃんの育ての親は猫01
常にくっついて離れないふたり。

2.
赤ちゃんの育ての親は猫02
座ってる時も。

3.
赤ちゃんの育ての親は猫03
寝そべってるときも。

4.
赤ちゃんの育ての親は猫04
何をしているときも楽しそう。

5.
赤ちゃんの育ての親は猫05
ソファーのように寄りかかってもジッとしてるラリー。

6.
赤ちゃんの育ての親は猫06
タブレットを使っているときもこの通り。

7.
赤ちゃんの育ての親は猫07
せまくてもベッドで添い寝。

8.
赤ちゃんの育ての親は猫08
「ねえねえ、あれを見てよ」

9.
赤ちゃんの育ての親は猫09
読書にも付き添います。

10.
赤ちゃんの育ての親は猫10
人間の親子以上にいつも一緒にいることから、両親もびっくりだそうです。

猫も赤ちゃんもやさしい性格だからこその仲良しな関係なのでしょうね。

Ginger Cat Becomes Guardian to Boy

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(9)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。