2016年04月01日 12:38

「このスーパーマーケット…商品の配置がやばすぎる!」罠だと恐れられていた写真

 

洗剤とジュース00
大型スーパーマーケットでは、食品から消耗品までカテゴリごとに陳列されています。

目玉商品ほど目に付くように工夫されていますが、とあるアメリカのウォルマートでは、棚の配置がひどいと話題になっていました。

洗剤とジュース01
ん?

どちらもジュースに見えますが……。

洗剤とジュース03
右側は、うんジュースです。

洗剤とジュース02
そして左は……なんと掃除用の洗剤!

カラフルな色合いがフルーツドリンクのようです。

まるで何かの罠のようなこの商品配置に、海外掲示板でも「これはまずいだろう」と意見が寄せられていました。

●それは最悪だ。うちの妻はその“Fabuloso”(洗剤の名前)を買っていて「なんでメキシコブランドのジュースなんて買ったんだろう」と思いながら、グラスに注ぎかけた。

↑おーまいがっ!

↑少なくとも自分で気づいて止められただろうが、おばあちゃんとかベビーシッターがジュースだと思って幼児に飲ませるところを想像すると恐ろしい。まるで事故を待っているかのような商品で、気分の悪くなる子供が出てくるよ。

↑この手のデザインに反対する請願書を真面目に考えるべき。この商品をデザインした人間は絶対にジュースのブランドをパクッたのだと思う。

↑ボトルの形までそのままだよ。似たような製品はもっと違う形だ。

↑友人は実家で留守番をしていて、ちょっと酔って自分で飲み物を作った。ウォッカにざくろの絵があるジュースを混ぜて飲んだらあまりに不味いので、ウォッカをさらに足して飲み続けた。すると吐いて気を失った。
目が覚めて気づいたらざくろのポプリ(香料を熟成させた室内香)の液体だったらしい。毒性がなくてよかった。

↑アルコールがまずいとき、解決法はアルコールを足すことではない。

●めちゃくちゃおいしそうに見える……よね? 真面目にこれは毒を盛るのを待ってるとしか見えない。

●自分が思うに、従業員が洗剤の箱を開け、ジュースだと思ってジュースのところに陳列したんだ。わざとではないと思う。だけどこれは重大で危険なミスである。

↑結構何度もそのFabulosoが2つの食品の間にあるのを見たことがあるよ。

●きっとFabulosoのほうが味はまし。そして10%はジュース入りなんだと思う。

●ひどい、なんてひどい、そのジュースはまずいんだ。

●父親は視力の問題があって、眼鏡がないとほとんど何も読めない。そういった不運な年寄りが間違って飲んで、変な味がするとだけ思って、孤独死するのも時間の問題。

●訴訟が増えそうだ。

↑これは重大な違反だよ。

↑多くの場所で違法となっている。イリノイ州では食料品はそうでない商品から少なくとも36インチ(約1m)は離さないといけない法律になっている。


商品のデザインの問題なのか、従業員のミスなのかを問うコメントが多かったのですが、やはりこれだけジュースに似ていると間違えやすいようです。

不幸な事故が起きる前に改善してほしいものですね。

Walmart selling cleaner next to juice drinks

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。