2016年04月08日 19:43

「帰宅したら仰天!」3時間ほど留守にしたら犬が部屋の模様替えをしてた

 

留守の間にハスキー犬が模様替え00
犬にインテリアデザインができないなんて誰が言ったのでしょうか。

こちらのシベリアンハスキーは、家族が3時間ほど映画館に出かけている間に、犬もデザイナーになりえることを証明したそうです。

志の高いアーティスト(犬)による、家全体をキャンバスにした作品をご覧ください。

留守の間にハスキー犬が模様替え03
うわっ、いきなり床が真っ黒な足跡だらけ。

留守の間にハスキー犬が模様替え02
「おかえりー」と達成感にあふれる犬。

留守の間にハスキー犬が模様替え01
あわてて部屋に入ってみると……。

留守の間にハスキー犬が模様替え04
どひゃああ。

留守の間にハスキー犬が模様替え05
この真っ黒なのは、墨汁だそうです。

留守の間にハスキー犬が模様替え06
3時間でいったいどれだけ走り回ったのかと感心するほど足跡だらけ。

留守の間にハスキー犬が模様替え07
バッグも紙袋も真っ黒。

留守の間にハスキー犬が模様替え08
ただし、ベッドだけは(ほぼ)ペイントしないあたり、デザイナーのセンスを感じます。(アーティストのサインは入っています)

天然素材の墨汁なので毒性はないとのことですが、犬を飼っている家では管理をしっかりしておいたほうがいいようです。

留守の間にハスキー犬が模様替え09
普段はこんな風にいい子だとのこと。きっとひとりで留守番が寂しかったのでしょう。

犬によるユニークなデザインは人間により消されてしまいましたが、いつの日か認められる日がくるといいですね。

A family went to movie for 3 hrs come back to this

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(8)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。