2016年04月09日 19:30

「シリアルのパッケージ写真が本当なのか、実際に中身を確認してみたら…」残念な結果が判明する

 

シリアルの箱の写真が本当なのか確かめてみた00
こちらは海外で販売されている「Two Scoops Raisin Bran」という朝食シリアル。

「2すくい」のレーズンが入っているという意味で、わざわざサンプル写真入りで説明されています。

本当に「2すくい」分なのか量を確認した人がいたのですが……。

シリアルの箱の写真が本当なのか確かめてみた01
うわ、これだけ……。

これはさすがに残念な気持ちになります。

これは誇大広告すぎですよね。いくらなんでも。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●もしかしたら、もっと小さいスプーンを使っているのかもしれない。

↑きっと一番小さいやつだ。

↑どんなスプーンなんだ、アリ用?

↑残念ながら箱にはバナナの写真がない。なので比較できない。

●コピー品のフレークのほうがブランドのものよりも、レーズンがたくさん入ってる気がする。

●ケロッグ社に手紙を書けばクーポンか何かを送ってくれるよ。

(投稿者)父親が昔、ハインツの缶詰「ビーンとベーコン」の中にベーコンが入っていないと手紙を書いたことがあるが、その時は1ドルのクーポンを4枚の手紙と一緒に送ってきたよ。

●自分が今朝食べたレーズンブランには恐ろしくたくさんのレーズンが入っていた。多分それはレーズンが貧困な箱だったんだろう。

↑彼のレーズンを盗んだんだな。

↑一般的なのはボウルに5分の1はレーズンだ。

↑シリアル10%に対して90%もレーズンがあるのに飽き飽きしてる。

↑自分はその量のレーズンは1箱じゃなく1ボウルにあるな。

↑自分もレーズンが多すぎることに文句がある。

●みんな気付かないと言って、レーズンの量を今年は減らしたんだよ。減らすときはオリジナルの商品と比べるのではなく、現在の商品と比べるんだ。こうやって商品の退化が起こる。レーズンを別に買って安いブランドのシリアルに混ぜるといいよ。

(投稿者)試してみるよ。

●ちゃんと箱の隅々まで調べたのか。

(投稿者)そのジャンボな箱はダメなやつだった。

●毎日同じものを食べてるが、もっとレーズン入ってるぞ。

↑投稿者の弟がその答えを持ってるんだよ。


各箱による配分の不公平さなのか、それとも昨今の商品の劣化なのかはわからなかったのですが、むしろ多すぎることがあるとの意見も少なくありませんでした。

不運にも、たまたまレーズンが少ない箱を引き当ててしまったのかもしれませんね。

So much for "Two Scoops"" there Kellogg's.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。